シューマン共振

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
地球を一周する定在波

シューマン共振(シューマンきょうしん)あるいはシューマン共鳴(シューマンきょうめい、Schumann resonance)は、地球の地表と電離層との間で極極超長波 (ELF) が反射をして、その波長がちょうど地球一周の距離の整数分の一に一致したものをいう。その周波数は7.83 Hz(一次)、 14.1 Hz(二次)、 20.3 Hz(三次)、……と多数存在する。常に共振し続けているので常時観測できる。

1952年ドイツ物理学者であるヴィンフリート・オットー・シューマン(Winfried Otto Schumann, 米国イリノイ大学在籍)により発見された。

シューマン共振のエネルギー源は、放電太陽風による電離層の震動だといわれている。

また、シューマン共振と脳波の関連性を主張し,シューマン共振と同じ周波数の電磁波にリラックス効果や治癒効果があるとうたわれる事があるが、科学的根拠は確認されていない。

関連項目[編集]