シュランツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シュランツ(Schranz)は、ヨーロッパハードテクノハードミニマルから派生した音楽ジャンルで、特に現在ドイツ(主にフランクフルト)で盛んである。ドイツでは、Schranzとは呼ばず単にハードテクノと呼ばれる場合の方が多い。 また、東欧ブラジルイギリスにも特筆すべきDJやクリエータが何人かいる。

このジャンル名は、フランクフルトを拠点として活動しているDJChris Liebingが、自身の運営するレコード店の店頭で1995年[1]、特定タイプのテクノを分類するために使ったときが発祥であると言われる(1999年から2000年にかけてThe real SchranzというEPをリリースしたが、彼は現在のシュランツシーンに参加はしていない)。 ヨーロッパでは、現在、単にハードテクノと呼ばれる事が多い。 日本では一部のコンポーザー[2]がシュランツを製作している。

主なプロデューサー[編集]

  • Boris S.
  • DJ Rush
  • Felix Kröcher
  • K-Hole(DJ K-hole)
  • Satoshi Honjo
  • ASIN

脚注[編集]

  1. ^ [1]Ravelineの記事 Schranz lass nach 2002年4月20日 (ドイツ語サイト)
  2. ^ Kors kやDJ TECHNORCH等。

関連項目[編集]