シュテファン・クヴァント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

シュテファン・クヴァントStefan Quandt 、1966年5月9日 -)は、ドイツ実業家技術者であり、大富豪である。倒産の危機にあったBMWを救済したヘルベルト・クヴァントの長男であり、BMWの大株主であるとともに同社役員会のメンバーである。

概要[編集]

カールスルーエ大学で工学を学ぶ。1993年から1年間、ボストン・コンサルティング・グループ勤務。1994年からの2年間はデータカード香港支店に勤務した。

1982年、父親ヘルベルトの死去に伴いBMWの株式の17.4%とともに多数の企業の株式を相続した。フォーブス誌による2007年度世界長者番付の60位。

2005年、ソフトウエア技術者の女性と結婚

クヴァント家[編集]

BMWのほか、製薬会社アルタナ(Altana)、電池製造のファルタ(VARTA)などを同族会社として所有・支配しており、ドイツの長者番付100位に名を連ねる同家の人物は8名にも達する。シュテファンのほか、母ヨハンナ・クヴァントと実姉スザンネ・クラッテンも経済誌フォーブスが発表する世界長者番付の常連である。

一方で一族は、取材などをほとんど受け付けず、その詳細は謎に包まれている。

脚注[編集]