シャンシュン王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
チベットの歴史
ポタラ宮
この記事はシリーズの一部です。
シャンシュン王国
吐蕃
分裂時代
サキャ派時代
パクモドゥパ政権
リンプン派時代
ツァンパ政権
グシ・ハン王朝
清国のチベット支配
チベット独立
現代 チベット亡命政府

チベット ポータル
 v • d • e 

シャンシュン王国チベット語: ཞང་ཞུང, ワイリー方式zhang zhung; 蔵文拼音:xang xung, 紀元前 - 643年)は西チベットのカイラス山麓一帯に存在した国。首都はキュンルン・ングルカル英語版チベット語: ཁྱུང་ལུང་དངུལ་མཁར།[1])。

歴史[編集]

紀元前からあったと見られる。カイラス山はヤルンツァンポ川及びインダス川の源流にあたり、チベット在来宗教ボン教の聖山でもある。隋書女国と考えられ、そこには山上の城に住まう女王の統べる戸数1万の国で、586年に隋に使者を送ったと書かれているが、確証は無い。また、旧唐書の東女国とも考える人もいる。(ただし東女国は羅刹国を指すこともある。)シャンシュン王国の最後の国王リミギャチベット語: ལིག་མྱི་རྟྱ།、lig mi rkya、: 李迷夏リク・ミリャとも)は吐蕃の王ソンツェンガンポにより暗殺され、643年に吐蕃に併合された。

言語[編集]

チベット・ビルマ語派シャンシュン語英語版が使われていた(シャンシュン語について詳しいことは分かっておらず、現在国立民族学博物館などで研究中である[2])。

脚注[編集]

  1. ^ ングーカル、ンゥルカル、白銀城とも。
  2. ^ チベット文化圏における言語基層の解明 ― チベット・ビルマ系未記述言語の調査とシャンシュン語の解読