シャクジョウソウ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
シャクジョウソウ属
Monotropa hypopithys Japan 2.JPG
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
階級なし : キク類 asterids
: ツツジ目 Ericales
: ツツジ科 Ericaceae
亜科 : シャクジョウソウ亜科 Monotropoideae
: シャクジョウソウ属 Monotropa
学名
Monotropa L.
和名
シャクジョウソウ属
  • 本文参照

シャクジョウソウ属(シャクジョウソウぞく、学名:Monotropa 、漢字表記:錫杖草属)はツツジ科(新しいAPG植物分類体系の分類)[1][2]の1つ。

新エングラー体系では、イチヤクソウ科に分類され[3]クロンキスト体系ではシャクジョウソウ科に分割された。

特徴[編集]

腐生生活をおくる多年草葉緑体をもたず、植物体は白色または淡黄褐色。地下にがからまった地下茎をもち、1-数個の地上茎をだす。は直立し、分枝しないで、鱗片葉に包まれる。茎先に1-15個のを下向きにつける。萼片は長楕円形または倒卵状長楕円形で、縁に不規則な歯牙がある。花弁は萼片よりやや長く、長楕円形で、内面外面ともに毛が密生し、先端に不規則な歯牙がある。雄蕊は10(6-12)個で、葯は2室あり、水平または平行に並ぶ。子房は3-5室で、3-5条の胎座が中軸にあり、各胎座が2裂し多数の胚珠がつく。花柱は円柱形となり、先端が広がって柱頭になる。果実は蒴果で、上向きにつき、広楕円形で3-5室からなる。種子は小さく、球状になり、両端に細い翼をもつ[3]

世界に3-4種知られ、日本には2種分布する[3]

[編集]

  • シャクジョウソウ Monotropa hypopitys L. - 日本の北海道・本州・四国・九州の他、アジア、北アメリカ、ヨーロッパの温帯に広く分布する[3]
  • ギンリョウソウモドキ Monotropa uniflora L. - 日本の本州・四国・九州の他、東アジア、北アメリカの温帯に広く分布する[3]

ギャラリー[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 大場『植物分類表』p.182
  2. ^ 『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』p.381
  3. ^ a b c d e 『日本の野生植物 草本III合弁花類』p.6

参考文献[編集]