シガラジャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ディポネゴロ通りとアマッヤニ通りの交差点付近
ディポネゴロ通りとアマッヤニ通りの交差点付近
ディポネゴロ通りとアマッヤニ通りの交差点付近
ディポネゴロ通りとアマッヤニ通りの交差点付近
ディポネゴロ通りとアマッヤニ通りの交差点付近
ディポネゴロ通りとアマッヤニ通りの交差点付近
ディポネゴロ通りとアマッヤニ通りの交差点付近
ディポネゴロ通り

シガラジャ(Singaraja)は、バリ島北部の港町。旧称ブレレン。1849年オランダの植民地政庁が置かれ、以来、コロニアルな町作りがなされた。バリ州ブレレン県の県庁所在地とされるが、シガラジャという自治体はなく、ブレレン県ブレレン郡に属するいくつかの村(Desa)に分けられる。すなわち、

  • バンジャルトゥガル村 - 県庁舎の所在地
  • バニュスリ村
  • カリウントゥ村
  • カンプンガニャール村
  • カンプンカジャナン村 - ブレレン港がある
  • カンプンバル村
  • バンジャルバリ村
  • バンジャルジャワ村
  • アスティナ村
  • クンドゥラン・ペナタラン村
  • カンプンシガラジャ村 - ブレレン郡役所の所在地
  • パケタグン村
  • リリグンディ村

などの村々である。