サーラダー・デーヴィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サーラダー・デーヴィー

サーラダー・デーヴィーサラダ・デヴィ, Sarada Devi, 通称:ホーリー・マザー (Holy Mother) , 1853年12月22日 - 1920年7月20日)は、インド宗教家19世紀のベンガルの霊性指導者であるラーマクリシュナの、霊性のパートナーである。

当時のインドの一般的な慣習に従い、彼女は6歳の頃にラーマクリシュナの許嫁となった。18歳で、約97km離れたコルカタに程近いダクシネーシュワル(現在はコルカタに編入)のカーリー寺院に住む彼女の婚約者と生涯を共にするために、生まれ故郷のジャイラームバーティーを発った。その頃、ラーマクリシュナは霊性修行と修行僧としての生活に、自己の精神と肉体を捧げていたが、それでも、彼は非常に親切にサーラダーを迎えた。神の意志が彼女をここまで連れてこさせたのを感じたからである。

ダクシネーシュワルまでの旅路の際に罹った病気から回復するまで彼女を看護した後のある日、ラーマクリシュナは彼女になぜ自分のところまで来たか尋ねた。彼女は、彼の選んだ道に従事して彼を助けるためだけに来たのだと答えた。それは神を悟るために全ての世俗のしがらみを完全に放棄する道を意味することを、彼女はよく知っていた。かくして、彼女はラーマクリシュナに求婚する代わりに、彼の初期の弟子の1人になった。

サーラダー・デーヴィーは、霊的・知的なリーダーとしての才のある人物であった。彼女は、長きに渡りラーマクリシュナと彼の弟子に仕えた。ラーマクリシュナが死去した後も彼女は宗教的な奉仕を続け、新しい霊性運動において感化と指導に勤めた。彼女は地味で控え目な女性であったといわれているが、ラーマクリシュナによって始められた運動の重要性は高まり続け、英国の植民地支配の弱まった時期には大きな影響力を持つようになった。

ラーマクリシュナの高弟であるヴィヴェーカーナンダ、彼は男性であり、彼の家族の経歴もあり、コルカタに戻ってきてからは政治的により多くの影響を及ぼすようになったが、サーラダー・デーヴィーはダクシネーシュワルの宗教的なコミュニティの上層部に留まった。

ラーマクリシュナは死去する前に、彼の弟子に、彼女をあたかも彼らの母親であるかのように見なすことを奨めた。そして、彼女は人類の母としてのカーリーの役割を果たした。彼女は彼らを養育し、私事を手伝った。

さらに彼女は、全ての訪問者のためのラーマクリシュナの教えの重要な説明者・教師であった。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 『霊性の師たちの生涯 - ラーマクリシュナ、サラダデヴィおよびヴィヴェーカーナンダ』 日本ヴェーダーンタ協会、1981年10月。
  • スワーミー・ニキラーナンダ 『ホーリー・マザーの生涯 - 現代インドの聖女サーラダー・デーヴィーの生涯』 日本ヴェーダーンタ協会、2005年1月。

外部リンク[編集]