サンリンソウ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンリンソウ
Anemone stolonifera 1.JPG
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : モクレン亜綱 Magnoliidae
: キンポウゲ目 Ranunculales
: キンポウゲ科 Ranunculaceae
: イチリンソウ属 Anemone
: サンリンソウ A. stolonifera
学名
Anemone stolonifera Maxim.
シノニム

Anemonoides stolonifera (Maxim.) Holub

和名
サンリンソウ(三輪草)

サンリンソウ(三輪草、学名:Anemone stolonifera)は、キンポウゲ科イチリンソウ属多年草

特徴[編集]

地下に太く短い根茎をもつ。根出葉は3出複葉で、側小葉はさらに2深裂する。につく葉は3枚が輪生し、3深裂し、裂片の縁は欠刻する。同属のニリンソウが輪生する茎葉に葉柄がないのに対して、本種は短い柄をもつ。また、ニリンソウにみられる葉の小さな斑がない。花茎は高さ15-30cmになり、6-7月に、白い花弁状の萼片を持つをつける。花は径1.5cmで、萼片は5枚ある。

1本の茎から3輪の花茎が伸びることが和名の由来となっているが、必ずしも3輪とは限らず、1-4輪つく。根茎で増え、匐枝をだして繁殖するため、群落を作ることが多い。

分布と生育環境[編集]

日本では北海道、本州の中部地方以北に分布し、亜高山帯やブナ帯の森林の林縁や林床に生育する。アジアでは朝鮮、中国(東北地方)の温帯上部から亜寒帯に分布し、台湾の山岳部に隔離分布する。

下位分類[編集]

  • ヤエザキサンリンソウ Anemone stolonifera Maxim. f. plena (Honda) Okuyama

ギャラリー[編集]

輪生する茎葉に葉柄がある。 

参考文献[編集]