サンタ・サングレ/聖なる血

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンタ・サングレ/聖なる血
Santa Sangre
監督 アレハンドロ・ホドロフスキー
脚本 アレハンドロ・ホドロフスキー
ロベルト・レオーニ
クラウディオ・アルジェント
製作 クラウディオ・アルジェント
製作総指揮 ルネ・カルドナJr.
アンジェロ・イアコノ
出演者 後述
音楽 サイモン・ボズウェル
撮影 ダニエレ・ナンヌッツィ
編集 マリオ・ボナンニ
配給 ケイブルボーグ
公開 アメリカ合衆国の旗 1990年6月27日
日本の旗 1990年1月20日
上映時間 123分
製作国 イタリアの旗 イタリア
メキシコの旗 メキシコ
言語 英語
製作費 $787,000[1]
テンプレートを表示

サンタ・サングレ/聖なる血』(原題:Santa Sangre)は、1989年制作のイタリアメキシコ合作のサスペンススリラー映画アレハンドロ・ホドロフスキー監督。

ホドロフスキー監督が“初めて商業映画を意識して制作した”という作品である。

主演のアクセル・ホドロフスキーとアダン・ホドロフスキーは監督の息子である。

あらすじ[編集]

メキシコシティサーカス団長の息子フェニックスは繊細で感受性豊かな少年だった。父オルゴは浮気性でサディスト、母コンチャは狂信的宗教の信奉者だった。彼は刺青の女が連れている聾唖の少女アルマにほのかに好意を寄せていた。

ある夜、オルゴと刺青の女との浮気現場を目撃したコンチャはオルゴの下腹部に硫酸をかけた。激高したオルゴはコンチャの両腕を切り落とし、自分も喉をかき切って自殺した。その一部始終を目撃していたフェニックスは精神に異常をきたし、入院した。

数年後、成長したフェニックスは腕のないコンチャに操られて、自分に近づく女を次々と殺害していくが、ある日、美しく成長したアルマが現れた事で、フェニックスの心境に変化が起きる…。

キャスト[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]