サンクトペテルブルク国立鉱山大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サンクトペテルブルク国立鉱山大学
The building of the Mining Academy (1811)
The building of the Mining Academy (1811)
大学設置/創立 1773年
学校種別 国立
本部所在地 サンクトペテルブルク
ウェブサイト サンクトペテルブルク国立鉱山大学公式サイト
テンプレートを表示

サンクトペテルブルク国立鉱山大学(サンクトペテルブルクこくりつこうざんだいがく、英語: G. V. Plekhanov Saint Petersburg State Mining Institute and Technical University、公用語表記: Санкт-Петербургский государственный горный институт (технический униерситет) имени Г. В. Плеханова)は、サンクトペテルブルクに本部を置くロシア国立大学である。1773年に設置された。

ロシア最古の技術教育機関であり、ヨーロッパ鉱山学校 (mining school) としても歴史の最も古い学校のひとつである。また博物館として、鉱物宝石の最高レベルのコレクションを保有し、教育目的で小規模の鉱山設備を有している。

キャンパス[編集]

研究所の建物は、Andrey Voronikhin の設計で1806年から1811年の間に設計された。建物の装飾を行ったのは Stepan Pimenov、Vasily Demuth-Malinovsky、Michael Scotti らである。

歴史[編集]

1773年にロシア帝国女帝エカチェリーナ2世によって設立された。はじめ鉱山学校 (Горное училище) と呼ばれ、1804年に Mining Cadet's Corps (Горный кадетский корпус) となり、1833年に鉱山技術部隊 (Институт корпуса горных инженеров)、1866年に鉱山研究所 (Горный институт)となった。

ソビエト連邦時代は、1870年代に研究所のメンバーであったゲオルギー・プレハーノフの名前がつけられ、the G. V. Plekhanov Leningrad State Mining Institute and Technical University となり、1958年から1960年の間は研究所の支所が VorkutaSlantsy 夜間学校、MonchegorskKirovsk に設立された。

1869年からロシア鉱物学会 (Russian Mineralogical Society) の本部が置かれている。

組織[編集]

学生[編集]

教員[編集]

スポーツ・サークル・伝統[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

外部リンク[編集]