アンドレイ・ヴォロニーヒン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Voronikhin.jpg

アンドレイ・ヴォロニーヒン(Andrey Voronikhin、1759年10月28日 - 1814年3月5日)は、ロシア建築家。クラシシズムの巨匠。教育人としても優れ、コンスタンチン・トーンらを育てた。

コンペティションでかち取ったカザン聖堂は、ロシアでは例のない優美さと規模を誇る教会建築として知られる。 その他の作品はベテルフルグ鉱山大学、桃色のバウィリオン(バーヴロフスク)などがある。

参考文献[編集]

  • ロシア建築三つの旅 [ユーラシア・ブックレット] (No.61) 浜野アーラ著 浜野道博訳 東洋書店 2004.6
  • 零の形態 [叢書・二十世紀ロシア文化史再考] マレーヴィチ/著 宇佐見多佳子/訳 水声社 2000.11
  • ロシアビザンチン [建築巡礼] (19) 内井昭蔵 丸善
  • ロシアの木造建築-民家・付属小屋・橋・風車 A.B.オポローヴニコフ 井上書院 1986
  • 世界の歴史 11 井上浩一 中央公論新社 1998