サワ2世 (セルビア大主教)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
聖サワ2世のイコン

聖サワ2世セルビア語: Свети Сава II、1268年から1271年の間に永眠)は、正教会聖人であり、セルビア正教会大主教。「サワ」は日本正教会における表記であり、セルビア語からは聖サヴァ2世とも表記し得る。

初代セルビア王ステファン・ネマニッチの子であり、初代セルビア正教会首座主教であるサワ(1世)の甥である。叔父と同様、謙虚な人柄が伝えられている[1]

1266年にセルビア大主教に着座。教会の指導に愛を以て献身したと伝えられる。永眠年については諸説あり、1268年1269年1271年といった年号が伝えられている。記憶日は2月8日(ユリウス暦使用教会では2月21日に相当)。不朽体コソヴォペーチにある[1]

脚注[編集]