サビル・ユヌソフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

サビル・ユヌソヴィチ・ユヌソフロシア語: Сабир Юнусович Юнусовラテン文字:Sabir Yunusovich Yunusov、1909年3月18日-1995年11月29日)はタシュケント出身のウズベキスタン化学者である。ユヌソフはアルカロイド化学に関する研究で知られている。ユヌソフは1971年にこの業績によりメンデレーエフ賞金賞を受賞した[1]。サビル・ユヌソフは1956年にウズベク・ソビエト社会主義共和国科学アカデミー(1991年の独立以降はウズベキスタン科学アカデミー)の一部門として植物由来物質に関する化学研究所を創設した[2]。ユヌソフは1958年から死亡するまでソビエト連邦科学アカデミー(1991年以降はロシア科学アカデミー)の会員でもあった[3]。彼はタシュケントでなくなり、埋葬された。

脚注[編集]

  1. ^ Юнусов Сабир Юнусович” (ロシア語). Russian Academy of Sciences. 2014年5月16日閲覧。
  2. ^ Urmanov, Ruslan (2007年8月31日). “Those who can make a difference”. Uzbekistan Today. Uzbekistan Today. 2014年5月16日閲覧。
  3. ^ RAS member entry”. Russian Academy of Sciences. 2014年5月16日閲覧。