サイクル (単位)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サイクル
記号 c
周期的な現象の回数
SI 1
定義 1周期
テンプレートを表示
サイクル毎秒(サイクル)
記号 c/s, cps, c, ∼
MKS単位系CGS単位系
周波数振動数
SI 1 Hz
定義 1に1周期
テンプレートを表示
サイクル毎ミリメートル(サイクル)
記号 c/mm, c
メートル法
空間周波数線数
SI 1 /mm = 1000 /m
定義 1mmに1周期
テンプレートを表示

サイクル (cycle) は、周波数空間周波数等の単位

本来は、振動など周期的な現象の回数を数える単位である。SIでは無次元数として単位なしで表す。しかし、いくつかの派生単位を単にサイクルと呼ぶことがある。

サイクル毎秒[編集]

サイクルを使えば、周波数はサイクル毎秒 (cycle per second) で表され、記号はc/sやcpsを使う。ただし、これを単にサイクルと呼ぶことがあり、記号もcを使うことがある。

サイクル毎秒(サイクル)は、1960年国際度量衡総会が制定したSIには採用されず、同じ量を表すヘルツ (Hz) を使うようになった。

日本の計量法では、1995年9月30日まで使用が認められていた。単位名は「サイクル又はサイクル毎秒」、単位記号は「c、∼又はc/s」だった。

サイクル毎分 (c/min, cpm)、サイクル毎時 (c/h, cph) も使われる。SIに対応する単位はなく、換算が必要である。文脈によってはこれらも単にサイクルと呼ばれることもある。

SI接頭辞を付けキロサイクル毎秒 (kc/s, kcps, kc)、メガサイクル毎秒 (Mc/s, Mcps, Mc)、テラサイクル毎秒 (Tc/s, Tcps, Tc) 等も使われる。それぞれSIのキロヘルツメガヘルツギガヘルツと同じである。また俗な用法として、ギガヘルツで動作する電子回路のはしりの頃、キロメガサイクルという語が見られた[1]

cpsは、カウント毎秒キャラクター毎秒の記号としても使われるので、混同しやすい。

サイクル毎ミリメートル[編集]

空間周波数の単位としては、サイクル毎ミリメートルを単にサイクルと呼ぶことがある。SIでは毎ミリメートル (/mm, mm−1) で表す。

[編集]

  1. ^ http://ci.nii.ac.jp/naid/110002717346