ゴリゾント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴリゾント
主製造業者 NPO PM/レシェトニェフ
輸送ロケット プロトンK/DM
プロトンK/DM-2
打上げ場所 バイコヌール
任務期間 3年(設計寿命)
質量 2,110kg
軌道要素
軌道 静止軌道

ゴリゾントロシア語: Горизонт, Gorizont)はロシア連邦旧ソ連)が1978年から2000年にかけて計35機を打ち上げた対地同期通信衛星シリーズである。GRAUインデックスは11F662。

この計画は1980年モスクワオリンピックの競技を中継するシステムを構築するために始まった。最初の4機は元々この目的のみで打ち上げられた[1]。その後ゴリゾントシステムはYeSSS統合衛星通信システムに統合され[1] 、軍民両方の通信中継に使用された。1988年からはOkean計画のサポートにも使用された[1]

ゴリゾント衛星は3軸姿勢制御システムと液体マヌーバエンジンを備えたKAUR-3衛星バスを基礎としていた[1]

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d Wade, Mark. “Gorizont”. Encyclopedia Astronautica. 2008年6月29日閲覧。