コード・リョーコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

CODEリョーコ』(原題:Code Lyoko)は従来のアニメーション技術とCGIを用いたフランステレビアニメシリーズである。

概要[編集]

フランスでの初回放送は2003年9月にフランス3で行われ、アメリカ合衆国での初回放送は2004年4月19日にカートゥーンネットワークのMiguzi枠で行われた。日本では『CODE リョーコ』のタイトルでトゥーン・ディズニー(のちのディズニーXD)で放映された。またこのアニメの他言語版はいくつか制作されており、世界中の国々のうち、80%以上の国々で放送が行われている。

フランスではフランス3とキャナルJで行われている一方、アメリカ合衆国での放送は第4シーズンで止まっているが、再放送はカートゥーンネットワークのビデオ・オンデマンドサービスとカビリオンで見ることができる。第78話はカートゥーンネットワークで放送されなかったが、カビリオンとオーストラリアのカートゥーンネット枠では放送された。

Antefilmsが第1シーズンの制作を行っていたが、現在はMoonScoop Groupが制作を行っている。なお、ライセンス・配信はタフィ・エンタテインメントが行っている。

このアニメの劇場版制作も検討されたが、共同制作者とのトラブルで遅れている[1]

2013年1月には続編の『コード・リョーコ・エボリューション』が放送されている。

あらすじ[編集]

スーパー・コンピューターの内部に存在する「リョーコ」 という仮想世界がコンピューターウィルス・ザナに支配されている。そしてザナは現実の世界に目を向けた。 「リョーコ」の存在を知るジェレミー、ウーリック、オッドそしてユミの4 人の学生たち。彼らはザナの現実世界への攻撃を阻むため、「リョーコ」に住む仮想人型ロボット(バーチャル・ヒューマノイド・クリーチャー)のアイリータと共に、勇敢に戦う。

登場人物[編集]

アイリータ(声優:嶋村侑
仮想世界・リョーコの住人であるヒューマノイドクリーチャー。後に実体化プログラムで人間界でも行動が出来るようになる。実は元々現実世界の人間で、フランツ・ホッパーの娘であることが判明し、父親とともに黒服の人間から逃れて、リョーコ世界へやって来たことがわかった。その過程で人間であった頃の記憶を失い、自身はリョーコ世界の架空の人間であると思い込んでいた。シーズン2の終わりでザナの解放と引き換えに、全ての記憶を取り戻した。ジェレミーと両想い。温和で思慮深く、かつ勇敢でザナの活動時には危険を冒してでもタワーの解除に向う。タワーの解除・起動が出来るのは彼女だけで、さらに他のメンバーと違いライフが0になることは消滅を意味するため、いかに彼女を安全にタワーに届けるかが鍵。武器は特に持たないが、リョーコ内の地形を変化させる能力がある。 長くリョーコ世界にいた影響か、頭脳明晰でジェレミーのサポートが出来るほど。音楽のミキシングにかなりの才能を示す。
ジェレミー・ベルポア(声優:亀井芳子
寮で個室を与えられている優等生。ヴァーチャライゼーションなどを行うオペレーターを務める。そのため基本的に彼がリョーコに入ることはない。沈着冷静で優秀な頭脳の持ち主だが、運動神経は皆無。アイリータと両想いであり、それが所以で冷静さを失うこともある。通称アインシュタイン。ロボットの部品を探しに工場に向い、たまたまスーパーコンピューターを発見、起動したことでアイリータ、そしてザナが目覚める。アイリータを実体化し、スーパーコンピューターを再び停止させるために腐心するが、アイリータの実体化には成功するもののザナの解放と引き換えになってしまいコンピューターを停止させてもザナを止められなくなってしまった。そのため目的はザナとの戦いとフランツ・ホッパーの救出に切り替わる。
ウーリック・スターン(声優:浅野まゆみ
ドイツ人。オッドと相部屋。運動神経は高いが勉強は苦手、ルックスも水準以上だが今ひとつ決めきれない二枚目半。正義感が強く困っている者は気に入らない相手でも助けてしまう。反面、無鉄砲で思慮に欠ける言動をすることも。また、繊細で傷つきやすく、些細な失敗ですぐ塞ぎ込んでしまう。ユミが好きだがその性格に加え、恋敵がいるせいで仲はなかなか進展しない。彼とユミの恋愛模様は本作の見所の一つ。リョーコでの武器は刀で、高速で移動できる「スーパースプリント」や分身を駆使した近距離戦闘がメイン。趣味は武道で学校の武術クラスの常連。またサッカーも得意。
オッド・デラ・ロビア(声優:下和田裕貴
イタリア人。ウーリックと相部屋。特徴的な髪型の主。動物好きで、寮でキウイという犬を隠れて飼っている(規則違反)。陽気でおどけたムードメーカー風で、後輩には優しい。女好きで趣味はナンパ。ただし成功率は低く、二股をかけるなど素行も悪い。主要キャラでもっとも体が小さいが、大飯喰らいで食べ方はかなり汚い。学校ではアイリータは「オッドのいとこ」ということになっている。リョーコでは猫のような姿で爪や尻尾がある。武器は腕に仕込まれた「レーザーアロー」。当初は予知能力が使えたが、中盤以降は活用されなくなった。得意科目は美術。シネマクラブ所属で、映画の自主作成が趣味。
石山ユミ(声優:木下紗華
日本人。主要人物より一学年上で、身長も一番高い。一見クールだが短気で負けん気が強く、感情の起伏が激しい。意外と茶目っ気もあり。寮ではなく自宅から通う。黒が好きで着る服も黒で統一されている。両親のほか、弟(ヒロキ)がいる。ウーリックとは武術クラスで知り合い、友達以上の感情を持っている。リョーコでは扇をブーメランのように投げつけて攻撃する。また念力が使え、投げた扇や岩などを操作することができる。部屋にはトトロらしきぬいぐるみがある
エリザベス・“シシー”・デルマ
ジェレミーたちのグループと対立しているグループのリーダー。校長の娘だが、特別扱いはされていない。「シシー」は自称であり、本名の「エリザベス」と呼ばれることを激しく嫌う。自意識過剰で意地が悪い印象が強いが、実はやさしく情に厚い。ウーリックが好きで、ことある毎に言い寄っているが冷たくあしらわれている。
ハーブ(声優:下和田裕貴
シシーの取り巻き。見てくれは悪いが勉強が得意でロボットの知識はジェレミーに匹敵する。シシーに気があるが、相手にされていない。トム・ソーヤの冒険のシッドに似ている。
ニコラス
シシーの取り巻き。肉体派であまり頭は良くないが、ドラムの演奏や釣りなどが得意。
ミリー
ジェレミー達の後輩。学校新聞の発行を行い、取材と称して色々なイベントに顔を出している。
タミヤ
ミリーと相部屋で、かつ一緒に学校新聞に発行している黒人の女の子。
ジム・モラレス
体育教師。ステレオタイプ的な体育教師だが、いざというときは体を張って生徒を守る男らしさを併せ持つ。教師の前は多くの遍歴があるらしい。
ウィリアム・ダンバー
シーズン2より登場。前の学校から追い出され転校してきた。ジェレミーたちより一学年上でユミと同い年。ロマンチストで後輩への面倒見もいい男だが、傲慢な一面もあり、それが災いして結果的にジェレミー達の邪魔をしてしまった事もある。ユミを巡ってたびたびウーリックと対立する。
石山ヒロキ
シーズン2より登場。ユミの弟。姉をからかうのが趣味のやんちゃ坊主。
フランツ・ホッパー
物語の鍵を握る人物。かつてカディック中学校の教師であったが、突如行方不明になっている。リョーコとスーパーコンピュータ、そしてザナをつくりだした張本人でアイリータの父親。黒服の男達から逃れるためにアイリータと共にリョーコに入るが、ザナによって娘は記憶を消され、自身も消息不明の状態になっていた。ジェレミー達がアイリータを開放するために尽力する中、彼らに接触し協力する。

用語[編集]

リョーコ

スーパーーコンピュータ上に存在する仮想世界。 マウンテンエリア・デザートエリア・アイスエリア・サンドエリア・第5エリアで、 構成されている。

ザナ

スーパーコンピューターの中に存在するコンピューターウィルス。

タワー

エリア各地にある筒状の建築物。 この中から各エリアにアクセスすることが出来る。

エリア

リョーコ上に存在する五つの世界。

スーパーコンピュータ

工場の中にある巨大なコンピューター なぜ存在するかは、不明。

実体化

リョーコから現実世界に転送する機能。

ヴァーチャライゼーション

現実世界からリョーコに転送する機能。

ザナモンスター
デジタルの海
ザナの波動

ザナがタワーを起動した時、発生する現象。

ゴースト化
マシン
カルタゴ計画

サブタイトル[編集]

脚注[編集]

  1. ^ OFFICIAL Code Lyoko forum”. 2008年10月16日閲覧。

外部リンク[編集]