コンラート・フォン・メゲンベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンラート・フォン・メゲンベルク(Konrad von Megenberg または Konrad von Mengelberg、:Conradus de Montepuellarum、1309年 - 1374年4月14日)は、14世紀学者である。22冊のラテン語の書籍の著者である。著作は、聖人伝、神学道徳哲学に関するものから自然科学にかんするものまでに及ぶ。『自然についての本』("Buch der Natur")などが知られる。

生涯[編集]

Mäbenbergで役人の息子に生まれた。エルフルトパリソルボンヌ大学で学んだ。パリ大学で1334年から1342年まで教えた。学者としての評価が高まると、ウィーンのStephansschule(1365年にウィーン大学に統合される)の学長に任じられた。1348年にレーゲンスブルクに移り大司教座聖堂で教えた。この時代最も多くの著作を行った[1]

『自然についての本』("Buch der Natur")は1949年に書かれ、フランドルの学者、Thomas Cantimpratensisのラテン語の著作、"liber de natura rerum"に範をとっているが、ドイツ語で書かれた最初の自然に関する書物となった。広く読まれ、多くの手写本が残されている。最初の印刷本は"Puch der Natur"のタイトルで1475年に出版され、1500年までにすくなくとも6回、印刷された[1]

『自然についての本』は「人間の本質」「空、7つの惑星天文学気象学」「動物学」「通常の樹木、芳香木」「植物と野菜」「非常に貴重な、貴石」「10種類の金属」の8章からなっている[1]

著書の図版[編集]

著書[編集]

  • "Planetus ecelesiae in Germania" (1337); a hymn in praise of the Virgin, and other poems; a work on morals,
  • "Speculum felicitatis humane" (1348);
  • "De erroribus Begehar;lorum et Beguinarum";
  • "De translationeimperil" (1355);
  • "Tractatus contra mendicantes ad Papam Urbanum V";

脚注[編集]

  1. ^ a b c Book of Nature” (1481年8月20日). 2013年8月30日閲覧。

外部リンク[編集]