コンピュータ支援外科

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンピュータ支援外科(コンピュータしえんげか, CAS: Computer Aided Surgery / Computer Assisted Surgery)とは、コンピュータの持つ3次元位置測定・表示能力を手術時に支援リソースとして活用する外科的方法をさす。 ニューロナビゲータや、手術支援ロボットを活用する手術がその例である。術前に撮像したCTMRIなどの画像データの上で現在の操作部位を示したり、人間では出来ないような細かい操作をロボットで行なったりするものである。パーソナルコンピュータの発達のために1990年代から急速に普及した。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]