コロナチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
コロナチン
識別情報
CAS登録番号 62251-96-1
PubChem 91681
ChemSpider 82784
日化辞番号 J57.969F
特性
化学式 C18H25NO4
モル質量 319.4 g mol−1
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

コロナチン(coronatine、略称: COR)は、微生物Pseudomonas syringaeによって生産される毒素である。コロナチンは、病原菌に関連した分子パターンに応答して閉鎖した気孔の再開口や、感染が始まった後のサリチル酸によって媒介される応答の妨害に関与している。コロナチンはジャスモン酸メチル (MeJA) に似たコロナファシン酸 (CFA) のカルボキシル基とコロナミン酸 (CMA) のアミノ基がアミド結合により縮合した構造をしている[1]

脚注[編集]

  1. ^ Melotto, Maeli; Underwood, William; He, Sheng Yang (2008). [http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2613263 “Role of Stomata in Plant Innate Immunity and Foliar Bacterial Diseases”]. Annual Review of Phytopathology 46: 101–22. doi:10.1146/annurev.phyto.121107.104959. PMC 2613263. PMID 18422426. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=2613263.