ケヴィン・J・アンダースン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ケヴィン・J・アンダースン (Kevin J. Anderson,1962年3月27日 - )は、アメリカ合衆国SF作家天体物理学の博士号を持ちテクニカル・ライターとしてSF雑誌に多くの短篇や記事を書き生計をたてるかたわら、1988年から作品を発表し始めた。当初はたいして注目されなかったが、作家ダグ・ビースンと1990年から共作を始めを評価されるようになった。

著書[編集]

  • 『星海への跳躍』 Lifeline (1990)
  • 『臨界のパラドックス』 The Trinity Paradox (1991)
  • 『無限アセンブラ』 Assemblers of Infinity (1993)
  • 『終末のプロメテウス』 Ill Wind (1995)
  • 『残像を殺せ』 After Image (1992)
  • 『イグニション』 Ignition (1995)
  • スター・ウォーズ ジェダイの末裔』 Star Wars: Jedi Search
  • 『スター・ウォーズ 暗黒卿の復活』 Star Wars: Dark Apprentice
  • 『スター・ウォーズ フォースの覇者』 Star Wars: Champions of the Force
  • 『スター・ウォーズ ダークセイバー』 Star Wars: Darksaber (1995)
  • 『スター・ウォーズ クロノロジー』 Star Wars: The Essential Chronology
  • X-ファイル 呪われた抗体』 The X-Files: Antibodies (1997)
  • 『X-ファイル グラウンド・ゼロ』 The X-Files: Ground Zero (1995)
  • 『X-ファイル 遺跡』 The X-Files: Ruins (1996)
  • 『Dune 公家(ハウス)アトレイデ』 Dune: House Atreides (1999)
  • 『デューンへの道 公家(ハウス)ハルコンネン』 Dune: House Harkonnen (2000)
  • 『Dune 公家(ハウス)コリノ』 Dune: House Corrino (2001)

外部リンク[編集]