グリーン・マスク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

 ザ・グリーン・マスク (The Green Mask)とは、フォックス・フィーチュア・シンディケイト(Fox Feature Syndicate)から発行されたコミック・ブックにおける2人の架空スーパーヒーローである。

マイケル・シェルビー[編集]

ザ・グリーン・マスク(初代)
出版の情報
出版者 フォックス・フィーチュア・シンディケイト
初登場 『ミステリ・マン・コミックス』(Mystery Man Comics) 第1号 (1939年8月)
クリエイター 作画:ウォルター・フレーム(Walter Frehm)
作中の情報
本名 マイケル・シェルビー(Michael Shelby / Selby)
パートナー ドミノ(Domino)
能力 超人的体力・不死性・飛行能力

 初代グリーン・マスクのデビュー1939年8月のフォックス社刊行の『ミステリ・マン・コミックス』第1号においてなされた。原作については表記がなく(ウィル・アイズナーであったとされる)、作画はウォルター・フレームが受け持っていた。1942年2月の『ミステリ・マン・コミックス』第31 号がこのグリーン・マスクの最後の登場となった。

 ザ・グリーン・マスクの秘密の正体は探偵のマイケル・シェルビー(初期の表記ではセルビー)である。謎の"ヴァイタ線"を浴びた彼はスーパー・パワーを得るに至った。1940年の『グリーン・マスク』第1号にて彼には若きサイドキックのドミノが仲間に加わった。

 2008年のダイナマイト・エンターテインメント(Dynamite Entertainment)が出版した読み切りの『プロジェクト・スーパーパワーズ: チャプター・トゥー・プレリュード』(Project Superpowers: Chapter Two Prelude)では第2巻に年少ヒーローやサイドキック達のティームの一員としてドミノの登場が明言されているが、当タイトルにグリーン・マスクが現れるか否かは不明である。

能力[編集]

 当初の『ミステリ・マン・コミックス』でのグリーン・マスクは、特殊能力を全く有していなかった。これにもかかわらず、『グリーン・マスク』シリーズの創刊号では彼の原点に設定変更がなされ、ヴァイタ線に曝された彼は超人的体力・不死性・飛行能力などの様々なスーパー・パワーを身につけることとなった。通常はプロット上の必要に応じて彼は時折他の能力を発揮した。またスーパー・パワーに加え、彼は拳銃を携行していた。

ジョニー・グリーン[編集]

ザ・グリーン・マスク(二代目)
出版の情報
出版者 フォックス・フィーチュア・シンディケイト
初登場 『ザ・グリーン・マスク』(The Green Mask) 第10号 (1944年8月)
作中の情報
本名 ジョニー・グリーン(Johnny Green)
能力 怒りによる体力の増幅

 フォックス・フィーチュアは1944年8月の『ザ・グリーン・マスク』第10号で同キャラクターを復活させたが、原作者・作画家は共に表示されていない。このヴァージョンでのグリーン・マスクの知られざる正体はジョニー・グリーンというオリジナル・グリーン・マスクの息子だが、彼の秘められた真の姿は後付設定によりウォルター・グリーンとされた。ジョニーは怒ると大人に変身する『超人ハルク』と『キャプテン・マーヴル』(Captain Marvel)の折衷型のティーンエイジャーヒーローである。

 二代目グリーン・マスクの最後の登場は1946年10〜11月の『ザ・グリーン・マスク』第17号であった。オリジナル・シリーズの幾つかはACコミックス(AC Comics)から再版されている。

能力[編集]

 ジョニー・グリーンは憤怒により、成人化と共に先代の全ての能力を受け継ぐグリーン・マスクへと変身する。

参照[編集]