グランド・シャルトルーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グランド・シャルトルーズ修道院

グランド・シャルトルーズ修道院フランス語: Grande Chartreuse)は、フランスイゼール県サン=ピエール=ド=シャルトルーズフランス語版にある、カルトジオ会の母修道院。シャルトルーズ山地フランス語版を代表する4つの峰のうちのグラン・ソムフランス語版の麓にあり、大シャルトルーズ修道院とも呼ばれる。

概要[編集]

最初、建物はグルノーブル司教座に属し、グルノーブル司教であった聖シャトーヌフのユーグフランス語版が1084年、隠者である聖ケルンのブルーノとその弟子たちに建物を授けた。この建物において、ブルーノはカルトジオ会を興した。

現在、グランド・シャルトルーズはカルトジオ会の戒律により、観光目的での外部からの訪問客及び訪問目的の自動車通行を周辺の道路で禁止している。しかし、およそ2km離れたところにカルトジオ会の博物館があり、そこでは修道士・修道女が生活する房が見られる。19世紀から20世紀の後半にかけて、グランド・シャルトルーズ及びカルトジオ会全体がシャルトリューズ酒の売買で収入を得てきた。慈善計画や他の宗派同様に、慈善の題目に対しての清潔な収入なしに、修道院施設を保持している。

1903年、フランス政府によって修道院は閉鎖され[1]、修道士たちは子修道院のファルネタ修道院イタリア語版ルッカ)に身を置いていた[2]。しかし、1940年5月、リヴォルノ駐在のフランス領事がファルネタ修道院にいたグランド・シャルトルーズの院長とフランス人修道士たちにフランス帰国を勧めた。イタリアが第二次世界大戦に参戦する前の切迫した状態が、対フランス国境閉鎖に至る恐れがあったためである。ドイツ軍が到着する前の5月29日、カルトジオ会の修道士たちはグランド・シャルトルーズに到着した。1941年2月1日、当時のヴィシー政府はカルトジオ会を正式に承認し、修道院が返還された[3]

この修道院に関する映画『大いなる沈黙へ英語版』がフィリップ・グレーニング英語版監督により制作された。2005年の公開後、映画は複数の映画祭で賞を受賞した。日本においては2014年7月12日より公開された[4]

参照[編集]

  1. ^ "The monastery, with a small portion of the surrounding pastures, was rented from the State till, in accordance with the Association Laws of 1901, the last monks were expelled by two squadrons of dragoons on the 19th of April, 1903." La Grande Chartreuse”. Catholic Encyclopedia. 2011年11月26日閲覧。
  2. ^ "The monks of La Grand Chartreuse, driven into exile with the prior general, found refuge at Farneta, in Italy, until 1929, when Montrieux, the first of the French charterhouses to be restored, was reopened."La Grande Chartreuse”. Immaculate Heart of Mary's Hermitage. 2011年11月26日閲覧。
  3. ^ "Meanwhile the Holy See's endorsement of the Petain regime in France brought it minor benefits, such as the Carthusians' return to their Alpine eyrie, the Grande Chartreuse."Church & Democracy”. Time Magazine (Monday, Aug. 19, 1940). 2011年11月26日閲覧。
  4. ^ 映画『大いなる沈黙へ』オフィシャルサイト

関連項目[編集]


外部リンク[編集]

座標: 北緯45度21分48秒 東経5度47分37秒 / 北緯45.36333度 東経5.79361度 / 45.36333; 5.79361