クレアモント・カレッジズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポモナ大学

クレアモント・カレッジズ(Claremont Colleges)とは、アメリカ合衆国カリフォルニア州クレアモントにある5校の大学と2校の大学院大学からなるコンソーシアムである。マサチューセッツ州のFive College Consortiumやペンシルバニア州のTri-College Consortiumなどといった多くの大学コンソーシアムとは異なり、クレアモント・カレッジズのキャンパスはそれぞれが歩いて行ける距離内に隣接している[1]。全てのキャンパスを合わせると2.6km2程の面積になる。

クレアモント・カレッジズの創設は1925年にポモナ大学英語版に隣接してクレアモント大学院大学英語版が設置されたことによる。特化性・柔軟性・各学生への配慮などといった小規模大学の利点と大規模大学の機能性を併せ持つことがコンソーシアムの目的とされている[2]。また、区分化されたカレッジ制大学のデザインはオックスフォード大学の影響である。合計6,300人以上の学生、約700人の教員、約1600人の従業員、サポート職員を抱え、クレアモント・カレッジズでは2000以上の課程が提供されている[3]。この独特なコンソーシアムをフィスク・ガイドは「アメリカでは他に例を見ない知的資源の集積」と評している[4]

クレアモント・カレッジズ構成大学[編集]

5校の大学は全てがリベラル・アーツ・カレッジである。

これら5つの大学は主に「5Cs」と呼ばれており、他の2つの大学院大学を含める時は「7Cs」と呼称される。2008年中頃、クレアモント・カレッジズはシンガポール国立大学と協調して6つ目のクレアモント・カレッジをシンガポールに設立する計画を調整し始めていたが、2009年10月にはシンガポール教育省が財政支援案を撤回した[5]。もし実現すればリベラル・アーツ・カレッジとしては類を見ないパートナーシップとなった。

2校の大学院大学

クレアモント神学校英語版はクレアモント・カレッジズと提携しているが、加盟校ではない。

ランキング[編集]

USニューズ&ワールド・レポート誌が発表した2013年版のアメリカのリベラル・アーツ・カレッジ・ランキングでは5Csは以下のようにランクされた:ポモナ大学(4位)、クレアモント・マッケナ大学(9位)、ハーベイ・マッド大学(16位)、スクリプス大学(25位)、ピッツァー大学(35位)[6]

共有施設・プログラム・資源[編集]

ハーベイ・マッド大学

学生が所属する大学から学位を受け取ったり、運営組織や入学事務局が大学ごとに独立していることから分かるように各大学は独立している。しかしながら、大規模であったり高級な施設やプログラムにおいては大学間で共有がなされている。7つの機関全てはクレアモント大学コンソーシアム英語版から支援を受けている。このコンソーシアムは図書館システム、保健、郵便、財務、人事、通信、危機管理、不動産、施設メンテナンス等といった中央サービスを加盟校に提供している。

共有施設にはクレアモント・カレッジズ図書館、キャンパス警備、Tranquada学生サービスセンター、McAlisterセンター、Huntley書店、食堂、スポーツ施設などが含まれる。クレアモント・カレッジズ図書館の蔵書数はカリフォルニア州でスタンフォード大学南カリフォルニア大学に次いで3位である[7]

共有された学部には女性学部チカーノ学部、アジア系アメリカ人学部、黒人学部、宗教学部メディア学部、演劇学部などが含まれる。

共有プログラムにはカリフォルニア欧州連合センター、チカーノ/ラティーノ学生課、黒人学生課、宗教課、ユダヤ系学生課、アジア系アメリカ人資料センター、同性愛者資料センター、女性連合などが含まれる。

脚注[編集]

外部リンク[編集]