クラフト紙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

クラフト紙(クラフトし、Kraft paper)は、クラフト法により製造されたパルプを原料とした洋紙のうち、強度を落とさないため漂白行程を行なわない紙のこと。強度が高い紙となるため主に重包装用途や段ボールの材料に使用される。茶色い色相[1]は製造法に由来する。

製法[編集]

原料チップをクラフト法によりパルプとしたものを使用する。強度を強くするには針葉樹を用いる。重包装用途では強度を保つため漂白しない。

特徴[編集]

引っ張り強度が強く、丈夫で破れにくい。

用途[編集]

セメント運搬用のクラフト紙袋など、重包装用素材に用いられるほか、封筒クラフト粘着テープなどに使用される。

脚注[編集]

  1. ^ 英語ではこれの色をyellowと表現する。例;Virginia Woolf, Mrs. Dalloway, The Hogarth Press, London, 1990「a large square piece of yellow cardboard」

関連項目[編集]