クイーン・シャーロット (戦列艦・初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Loutherbourg, The Glorious First of June.jpg
ハウ卿の戦闘、あるいは栄光の6月1日」。左がクイーン・シャーロット。右の艦はフランスのモンターニュ
艦歴
発注: 1782年12月12日
建造: チャタム工廠
起工: 1785年9月1日
進水: 1790年4月15日
竣工: 1790年5月
その後: 1800年5月17日爆沈
性能諸元
クラス: 100門1等戦列艦
全長: 砲列甲板:190ft (58m)
全幅: 52ft 5.5in (16.0m)
喫水: 22ft 4in (6.8m)
機関: 帆走(3本マストシップ
兵装: 100門:

上砲列:18ポンド(8kg)砲30門
中砲列:24ポンド(11kg)砲28門
下砲列:32ポンド(15kg)砲30門
後甲板:12ポンド(5kg)砲10門
艦首楼:12ポンド(5kg)砲2門

クイーン・シャーロット(HMS Queen Charlotte)はイギリス海軍の100門1等戦列艦1790年4月15日チャタム工廠で進水した。船体はエドワード・ハントが設計したロイヤル・ジョージに基づいているが、武装は異なる。

クイーン・シャーロットはリチャード・ハウ提督の旗艦として「栄光の6月1日」を戦い、1795年にはグロワ島の海戦に参加した。

ジョージ・エルフィンストーン中将の旗艦としてカブレラ島の予備調査を行っていた1800年5月17日の午前6時ごろ、クイーン・シャーロットの艦上で火災が発生した。火災は鎮火することが出来ず、艦は午前11時に爆発し、673名の命が失われた。

参加海戦[編集]

参考文献[編集]

  • Lavery, Brian (2003): The Ship of the Line - Volume 1: The development of the battlefleet 1650-1850. Conway Maritime Press. ISBN 0-85177-252-8.
  • Winfield, Rif (2008): British Warships in the Age of Sail: 1793 - 1817. Seaforth Publishing. ISBN 978-1-84415-717-4.

関連項目[編集]