ギガンデス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギガンデス』(GIGANDES)は、1990年イースト・テクノロジーから発売されたアーケードゲーム。ジャンルはシューティングゲーム

概要[編集]

自機を8方向レバーと2つのボタンで操作する。レバーで自機を移動、ボタンはそれぞれショットと、その方向回転に用いる。

自機はほぼ球形をしており、ショットは4方向に装備が可能。パワーアップアイテムを取った方向により、ショットが装備される向きが決まる。

方向回転ボタンを押すと、装備されている全ショットが時計回りに90度回転する。また、押しっ放しにするとその間、上下ショットの方向が前後にゆっくり回転し、攻撃方向が微調整できる。

ショットボタンは押しっ放しでも自動的に、ある程度の速度での連射がされる。 ミスをした場合はその場復活で、かつ装備は一切無くならない。ただし、面クリアすると装備は、ノーマルショット1方向のみの初期状態に戻る。

全8ステージ、1周エンド。エンディングは存在せず、8面をクリアするとゲームオーバー、ネームエントリーとなる。

2014年現在、家庭用ゲーム機には移植されていない。

アイテム[編集]

ショットは下記の4種類が存在する。

N
ノーマルショット。初期状態で装備されている武装と同一。
M
ミサイル。初期状態ではあまり強くないが、パワーアップ時の威力は高い。
R
レーザー。初期状態でもそこそこの威力を誇る。
C
クラッシャーボール。発射すると地形を沿うように移動するため、障害物の多いステージで効力を発揮する。また、発射していない状態でも滞空しており、敵機との当たり判定がある。

その他に、以下のサブアイテムが存在する。

P
パワーアップ。取った方向の装備の威力が増す。
W
ウェーブ。取った方向の装備が、波を打つように振動して発射されるようになる。