キーゼルバッハ部位

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

キーゼルバッハ部位( - ぶい。Kiesselbach's area)とは、鼻中隔の前下端部の粘膜の部位で鼻血の好発部位である。静脈が集まっているところ。鼻血はこの部分の血管が切れて出血することでよくおこる[1]。名称はドイツの耳鼻科医ヴィルヘルム・キーゼルバッハに由来する。ドイツ語読みではキーゼルバッハであるが、英語読みでキーセルバッハと読むこともある[1]。リトル部位(Little area)とも言う[1]

概要[編集]

鼻中隔の前下端部の粘膜には前、後篩骨動静脈、蝶口蓋動静脈、大口蓋動静脈、上唇動静脈の枝が分布し、密な血管網を形成している[2]。そのため鼻血の好発部位となる。鼻血を止めるときは、キーゼルバッハ部位の解剖学的な位置を考慮し、出血側の鼻翼を鼻中隔の前下方に向かって押し付けると良い[1]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 解剖実習の手びき 南山堂発行 ISBN 978-4-525-10311-8
  2. ^ カラー図解人体の正常構造と機能 全10巻縮刷版 日本医事新報社発行 ISBN 978-4784931781

関連項目[編集]