キャシー・コーナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キャシー・コーナー
生誕 キャサリン・クララ・コーナー
1941年1月19日(73歳)
子供 デイヴィッド・コーナー=ズッカーマン
フレデリック・コーナー
親戚

キャシー・コーナー(Kathy Kohner, 1941年1月19日 - )は作家フレデリック・コーナーの娘であり、父が1957年に出版した小説『Gidget: The Little Girl with Big Ideas』の主人公ギジェットのモデルとなった人物である。小説とこれを原作とする映画の流行は、当時はまだ一部の愛好家に限られていたサーフィンが一般にも広がるきっかけとなった。

経歴[編集]

キャシー・コーナーは1941年、作家フレデリック・コーナーとその妻フランツィの娘として生まれた。1956年、キャシーは友人に会いにいく母に連れられてマリブを訪れるうち、海岸でサーフィンに興ずる一団と知り合った[1]。一団はミッキー・ドラ、ミッキー・ムニョス、デューイ・ウェーバー、トム・モーリー、ナット・ヤングなど、いずれも後のサーフィン文化に影響を及ぼすことになるサーファーたちであった。キャシーはサンドイッチと交換にボードを借りてサーフィンを始めた。独特のあだ名で呼び合うグループの中で、キャシーは"Girl"(少女)と"Midget"(小さい人)を合わせた造語である「ギジェット」(Gidget)の名で呼ばれた[1]

キャシーが父親に語った、あるいは日記に記したマリブでの体験を元に、父フレデリック・コーナーは小説『Gidget: The Little Girl with Big Ideas』を出版した。この小説は50万部以上も売れ、日本語(邦題『夏の終り』)、スペイン語、ヘブライ語などにも翻訳された。1959年にはフレデリック・コーナーが脚本家として働いていたコロンビア映画がこの小説を原作とした映画をサンドラ・ディーの主演で制作した。この映画はハリウッドがサーフィンを扱った最初の事例となり、マリブには映画に影響された若者が押し寄せた[1]。劇場映画はほかに2本制作されたほか、1959年にはサリー・フィールドの主演でテレビシリーズも作られ、テレビ映画作品も複数作られた。

1958年、キャシーはカリフォルニアを離れ、オレゴン州立大学へ進んだ。それでも夏にはサーフィンを楽しんでいたが[2]、映画の流行で浜辺が混雑するようになると、サーフィンからは遠ざかっていた。大学卒業後はロサンゼルスに戻り、後に英語とイディッシュ語の研究者であるマーヴィン・ズッカーマンと結婚、ズッカーマンはキャシーの「ギジェット」としての過去など全く知らない人物であった。夫妻はロサンゼルスのPacific Palisadesに住み、子供は2人いる。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 山森恵子「Kathy Kohner ギジットの夏 キャシー・コーナー」『サーフィン・レジェンド THE LEGEND OF SURFING』NALU編集部編、枻出版社〈枻文庫007〉、2002年、125-141ページ。
  2. ^ Kohner, Frederick (2001). “Foreword”. Gidget. Berkley Books. 

外部リンク[編集]