キセルゴケ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キセルゴケ属
Buxbaumia viridis 061209a.jpg
Buxbaumia viridis
分類
: 植物界 Plantae
: マゴケ植物門 Bryophyta
: マゴケ綱 Bryopsida
亜綱 : キセルゴケ亜綱 Buxbaumiidae
Doweld
: キセルゴケ目 Buxbaumiales
M. Fleisch.
: キセルゴケ科 Buxbaumiaceae
Schimp.
: キセルゴケ属 Buxbaumia
Hedw.
タイプ種
ウチワチョウジゴケ
英名
Bug moss[1]
Bug-on-a-stick[1]
Humpbacked elves[1]
Elf-cap moss[1]

本文参照

キセルゴケ属Buxbaumia)は、蘚類に分類されるコケ植物の一群。属名は、1712年ヴォルガ川の河口で本属の種を発見したドイツ植物学者Johann Christian Buxbaum への献名である[1]

分布[編集]

ウチワチョウジゴケ(キセルゴケ)

北半球の温帯から亜寒帯にかけて広く分布しているほか、オーストラリアニュージーランドでも分布が確認されている[2][3][4][5]一年草、または多年草であり、撹乱が起きたところに発生するパイオニア種英語版である[3][6]

特徴[編集]

キセルゴケ属の種は他のコケ植物に比べて配偶体が小さいものの、その配偶体から生じた胞子体が比較的大型となる[7]。多くのコケ植物では配偶体(n)の世代において原糸体から葉や茎を展開し、通常胞子体(2n)よりも大型になるが、キセルゴケ属では葉や茎は非常に小さく、ほとんど葉を欠いた状態になっている[2][8]。その葉の小ささのため、光合成に必要なクロロフィルをほとんどもっておらず、動植物の死骸から栄養を得る腐生植物として生活している[8]。また、体内に共生する菌類から栄養を得ている可能性も指摘されている[9]

雌雄異株で[3]、成熟した胞子体の大きさは4-11mm[1] 。雄性の個体は造精器の周りに非常に小さい葉を持つ[1]。胞子体は秋に形成され、常緑のまま冬を越す[10]胞子は晩春から初夏にかけて熟し[2][3]、雨滴などによって朔から散布される[3]

分類[編集]

キセルゴケ属は単型の属で、本属のみでキセルゴケ亜綱キセルゴケ目キセルゴケ科を構成する[11]。当初の分類体系では、朔歯の形態が類似することから、イクビゴケ属をキセルゴケ科に含むこともあった[2]。しかしDNAを用いた系統解析の結果、キセルゴケ属とイクビゴケ属には関係性が見られたが、2属は側系統群であることが示唆され、別の分類群に分けられた[12]。またかつてはヨツバゴケ目(Tetraphidales)に含む意見もあったが、より新しい研究ではこれを支持する見解は示されていない[13]

本属に分類される種は、世界に12種がある。

キセルゴケ属 Buxbaumia
Buxbaumia aphylla ウチワチョウジゴケ
Buxbaumia colyerae
Buxbaumia himalayensis
Buxbaumia javanica
Buxbaumia minakatae クマノチョウジゴケ
Buxbaumia novae-zelandiae
Buxbaumia piperi
Buxbaumia punctata
Buxbaumia symmetrica
Buxbaumia tasmanica
Buxbaumia thorsborneae
Buxbaumia viridis


イシヅチゴケ綱





ヨツバゴケ綱



スギゴケ綱


マゴケ綱

キセルゴケ亜綱




イクビゴケ亜綱




クサスギゴケ亜綱



ヒョウタンゴケ亜綱



シッポゴケ亜綱



マゴケ亜綱








キセルゴケ属の種と系統的な位置[11][13]


その形態の単純さから、キセルゴケ属は原始的なコケ植物であり、藻類とコケ植物の移行段階の分類群であるという主張もなされた[8]。しかし後の研究によって、キセルゴケ属は二次的に退化した分類群であることが示唆された[3][13]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Bold, Harold C.; Constantine J. Alexopoulos; & Theodore Delevoryas (1987). Morphology of Plants and Fungi (5th ed.). New York: Harper & Row. pp. 270, 303. ISBN 0-06-040839-1. 
  2. ^ a b c d Schofield, W. B. (2007). “Buxbaumiaceae”. In Flora of North America Editorial Committee (eds.). Flora of North America. 27. New York & Oxford: Oxford University Press. pp. 118–120. ISBN 978-0-19-531823-4. http://www.efloras.org/florataxon.aspx?flora_id=1&taxon_id=10137. 
  3. ^ a b c d e f Crum, Howard A.; Lewis E. Anderson (1980). Mosses of Eastern North America. 2. New York: Columbia University Press. pp. 1231, 1234–1236. ISBN 0-231-04516-6. 
  4. ^ Tan, Benito C.; Tamás Pócs (2000). “Bryogeography and conservation of bryophytes”. In A. Jonathan Shaw & Bernard Goffinet (eds.). Bryophyte Biology (1st ed.). Cambridge: Cambridge University Press. pp. 403–448. ISBN 0-521-66097-1. 
  5. ^ Stone, I. G. (1983). “Buxbaumia in Australia, including one new species, B. thornsborneae”. Journal of Bryology 12: 541–552. 
  6. ^ Sullivant, William S. (1856). “The Musci and Hepaticae of the U. S. east of the Mississippi River”. In Asa Gray. Manual of Botany (2nd ed.). New York: George P. Putnam & Co.. pp. 639–640. 
  7. ^ Porley, Ron; Nick Hodgetts (2005). Mosses and Liverworts. London: Collins. p. 13. ISBN 0-00220212-3. 
  8. ^ a b c Campbell, Douglas H. (1918). The Structure and Development of Mosses and Ferns (3rd ed.). London: The Macmillan Co.. pp. 8, 160–166, 220, 225–226. 
  9. ^ Schofield, W. B. (1985). Introduction to Bryology. New York: Macmillan. pp. 74–83, 404, 411. ISBN 0-02-949660-8. 
  10. ^ Marshall, Nina L. (1907). Mosses and Lichens. New York: Doubleday, Page & Company. pp. 57, 260–262. 
  11. ^ a b Goffinet, B.; W. R. Buck; & A. J. Shaw (2008). “Morphology and Classification of the Bryophyta”. In Bernard Goffinet & A. Jonathan Shaw (eds.). Bryophyte Biology (2nd ed.). Cambridge: Cambridge University Press. pp. 55–138. ISBN 9780521872256. 
  12. ^ Magombo, Z. L. K. (2003). “The phylogeny of basal peristomate mosses: Evidence from cpDNA, and implications for peristome evolution”. Systematic Botany 28: 24–38. 
  13. ^ a b c Goffinet, Bernard; William R. Buck (2004). “Systematics of the Bryophyta (Mosses): From molecules to a revised classification”. Monographs in Systematic Botany. Molecular Systematics of Bryophytes (Missouri Botanical Garden Press) 98: 205–239. ISBN 1-930723-38-5.