ガンユイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガンユイ
Желтощёк (Elopichthys bambusa).JPG
保全状況評価[1]
DATA DEFICIENTIUCN Red List
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: コイ目 Cypriniformes
: コイ科 Cyprinidae
: Elopichthys
Bleeker, 1860
: ガンユイ E. bambusa
学名
Elopichthys bambusa
(Richardson, 1845)
英名
Yellowcheek

ガンユイ (Elopichthys bambusa) はコイ科に属する淡水魚の一種。本種の属するElopichthys 属は単型である。亜科は割り当てられていないが、分子系統ではカワアカメ Squaliobarbus curriculus に近縁という結果が得られている[2]

分布[編集]

ロシア極東から中国・ベトナムの河川に分布する。ウズベキスタンに移入されている[1]

形態[編集]

最大で2 m・40 kgになる[3]

魚食性であるため、コイ科としては頭骨の構造がかなり特殊化している[4]

  1. 前上顎骨主上顎骨が癒合する。歯骨は長く頑丈で中央に突起があり、前上顎骨と噛み合う
  2. 口蓋骨は細長く、前鋤骨は分岐して側篩骨と関節する

生態[編集]

6歳、60 cmほどで性成熟する[1]。産卵は6-8月[1]、増水が引き金となって起こり、浮遊性卵を産む[5]。幼魚は下流域で育つ[1]

遊泳性の小魚を餌とする[1]

保全状況[編集]

分布域全体でのデータが得られないため、IUCNは情報不足としている。だが、一部の地域では乱獲・生息地破壊によって減少を続けていることが確認されている[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g Huckstorf, V. (2012年), Elopichthys bambusa, IUCN Red List of Threatened Species. Version 3.1 (International Union for Conservation of Nature), http://www.iucnredlist.org/details/166188 2012年11月28日閲覧。 
  2. ^ XuZhen Wang, XiaoNi Gan, JunBing Li, Richard L. Mayden, ShunPing He (2012). “Cyprinid phylogeny based on Bayesian and maximum likelihood analyses of partitioned data: implications for Cyprinidae systematics”. Science China Life Sciences 55 (9): 761-773. 
  3. ^ Froese, Rainer, and Daniel Pauly, eds. (2006). "Elopichthys bambusa" in FishBase. April 2006 version.
  4. ^ Chen Yiyu (1980). “THE SKULL OF ELOPICHTHYS BAMBUSA AND IT'S ADAPTATION TO PREDATORY HABIT”. Oceanologia Et Limnologia Sinica. http://en.cnki.com.cn/Article_en/CJFDTOTAL-HYFZ198002010.htm. 
  5. ^ Liang Zhixin, Yi Bolu and Yu Zhitang (1984). “THE REPRODUCTIVE HABIT AND EMBRYONIC DEVELOPMENT OF ELOPICHTHYS BAMBUSA IN CHANGJIANG (YANGTZE RIVER)”. Acta Hydrobiologica Sinica. http://en.cnki.com.cn/Article_en/CJFDTOTAL-SSWX198404001.htm.