口蓋骨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
骨: 口蓋骨
Palatine bone.png
頭蓋内での口蓋骨の位置
名称
日本語 口蓋骨
英語 palatine bone
ラテン語 os palatinum
関連構造
上位構造 頭蓋骨
画像
アナトモグラフィー 三次元CG
関連情報
MeSH Palatine+Bone
グレイの解剖学 書籍中の説明(英語)
テンプレートを表示
口蓋骨の形状を様々な方向から見た動画。口蓋骨を赤で、それ以外の骨を半透明にして示してある。(出典:Anatomography

口蓋骨(こうがいこつ、ラテン語名 Os palatinum)とは、口蓋部を構成するである。

ヒトの口蓋骨は、顔面の中心部、上顎骨の後方に左右対称に2つ存在し、内側縁で正中口蓋縫合により互いに骨縫合している。

口蓋骨は水平板と垂直板の2つの骨板と、錐体突起、眼窩突起、蝶形骨突起の3つの骨突起により構成される。

水平板[編集]

水平板とは口蓋骨の下部において水平に伸び、骨口蓋の後部をなす骨板である。水平板の前縁は上顎骨と横口蓋縫合により骨縫合し[1]、内側は正中口蓋縫合により対側の口蓋骨と縫合する[1]。後縁は遊離しており[1]、後鼻棘と呼ばれる。外側縁からは、上方に向かい垂直板が屹立しており、上面は鼻腔底後部、下面は口蓋後部をそれぞれなす。下面の外側上顎骨縁前方には大口蓋孔が、後方錐体突起移行部には小口蓋孔が開く。

垂直板[編集]

垂直板とは口蓋骨の中心をなす垂直な骨板である。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 森ら, p.86

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • 口蓋骨 - 慶應医学部解剖学教室 船戸和弥