ガンマ波

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ガンマ波

ガンマ波(ガンマは、: Gamma wave)は脳波のパターンの1つで、知覚意識に関連付けられている。ガンマ波は神経細胞集団が電気信号を毎秒約 40 回 (40 Hz) の周波数で放出した際に発生するとされているが、大抵は 26 Hz から70 Hz ほどまでとされる。高次認知活動は低い周波数のガンマ波が突然 40 Hz 程まで倍化した際に生じるとする研究もあるが、24 Hz 以上の脳波をガンマ波とする定義もある。覚醒時、及びレム睡眠時に生じる低電位速波新皮質活動 (low voltage fast neocortical activity : LVFA) の際にガンマ波が常に発生しているとされている。ガンマ波を別個の分類とすることなくベータ波の一部とするべきだとする研究者も存在する。

高次推論能力との関連[編集]

ガンマ波は高次精神活動に関連しているとされている。脳の異なる領域におけるガンマ帯域の同期発火の一時的な状態は、認知処理の分散行列を生むメカニズムであるとして考えられており、知覚のような同期的で協奏的な認知活動を可能にする。例えば、ガンマ波は結びつけ問題 (binding problem) の解決との関連性が示唆されている。最近の研究では、脳波が 20 Hz から 40 Hz へと変化した際に、新しい洞察の認知が起きているとしている。[要出典]

意識[編集]

ガンマ波は、意識的または無意識的な視覚刺激がどのようにして神経同期的な反応を引き起こすかという点に関して研究されてきた [1]。この研究は神経活動の同期性によって神経系における確率共鳴を説明できる可能性を生むものでもある [2]

誤検出の危険性[編集]

脳波計によって検出されるガンマ波は、多くの実験において筋電的な活動 [3] と僅かな眼球運動 [4][5] によるアーティファクトによるものであることを示す研究が存在する。したがって、これらのアーティファクトから、実際の脳活動に起因するガンマ波を識別するための慎重な信号の分離が必要不可欠である。

参考文献[編集]

  1. ^ [1] Ward LM, Doesburg SM, Kitajo K, MacLean SE, Roggeveen AB. Neural synchrony in stochastic resonance, attention, and consciousness. Can J Exp Psychol. 2006 Dec;60(4):319-26.
  2. ^ Lucia Melloni, Carlos Molina, Marcela Pena, David Torres, Wolf Singer and Eugenio Rodriguez. Final proof of role of neural coherence in consciousness? The Journal of Neuroscience, March 14, 2007, 27(11):2858-2865; doi:10.1523/JNEUROSCI.4623-06.2007.
  3. ^ Whitham EM, Pope KJ, Fitzgibbon SP, et al (August 2007). “Scalp electrical recording during paralysis: quantitative evidence that EEG frequencies above 20 Hz are contaminated by EMG”. Clin Neurophysiol 118 (8): 1877-88. doi:10.1016/j.clinph.2007.04.027. PMID 17574912. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S1388-2457(07)00198-8. 
  4. ^ Yuval-Greenberg S, Tomer O, Keren AS, Nelken I, Deouell LY (May 2008). “Transient induced gamma-band response in EEG as a manifestation of miniature saccades”. Neuron 58 (3): 429-41. doi:10.1016/j.neuron.2008.03.027. PMID 18466752. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S0896-6273(08)00301-2. 
  5. ^ Whitham EM, Lewis T, Pope KJ, et al (May 2008). “Thinking activates EMG in scalp electrical recordings”. Clin Neurophysiol 119 (5): 1166-75. doi:10.1016/j.clinph.2008.01.024. PMID 18329954. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/S1388-2457(08)00045-X. 

関連文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

  • EpilepsyHealth.com - 'A Sampling from Chapter 3' Biofeedback, Neurofeedback and Epilepsy, Sally Fletcher (2005)
  • Nature.com - 'Thinking in Synchrony', Henry Gee (February, 1999)