カール・レーヴィヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カール・ヤコブ・レーヴィヒ(Carl Jacob Löwig, 1803年3月17日1890年3月27日)は、ドイツ化学者バート・クロイツナハ出身。

レオポルト・グメリンの弟子で、ハイデルベルク大学チューリッヒ大学の教授を務め、1857年からはブレスラウ大学ローベルト・ブンゼンの後任となった。

1826年頃アントワーヌ・バラールとは独立に臭素を発見していたことで知られる。エドワード・フランクランドとともに、有機スズ化合物有機鉛化合物などの有機金属化学を興した化学者の1人である。また、シレジアの化学工業の発展にも寄与した。

1890年3月27日、ブレスラウで死去。87歳没。