カーボベルデ系アルゼンチン人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カーボベルデ系アルゼンチン人カーボベルデに祖先の起源を持つアルゼンチンの住民である。

概要[編集]

1980年のセンサスによれば、約8,000人が存在していたが、今日の人口はとある情報源によれば2007年の時点で約2,000人だった[1]。その他の情報源では2006年の時点でアルゼンチンに住むカーボベルデ系の人口を12,000人-15,000人と推計しており、うち約300人はアフリカの国家のネイティブである[2]。奴隷貿易の犠牲者である多くのアフリカ系アルゼンチン人とは異なり、カーボベルデ系の共同体はアルゼンチンに自発的に到達している。

アルゼンチンへの最初のカーボベルデ人移民は、1800年代末の少人数によるものであった。その数は1920年代から第二次世界大戦までの間、劇的に増加した。最も盛んだった時期は1927年から1933年まであり、三番目は1946年の後だった。彼等はカーボベルデにおける失業、資源の不足、機会の欠如によって駆り立てられたのであった。

多くのカーボベルデ系住民はブエノスアイレス州に集中している。彼等は熟練した船乗りや漁師であり、そのために彼等の多くは海岸や港の近くに定住し、海に関連する職を得たのであった。彼等はロサリオブエノスアイレスサン・ニコラスバイア・ブランカエンセナーダドク・スドなどの港に定着した。彼等のうち95%はアルゼンチン海軍の艦船、商人海軍、YPFの河川船、海軍工廠、もしくはELMAにて職を得た[2]

多くは支配的なヨーロッパ系アルゼンチン人の社会に於いて差別に直面している。相互扶助と文化交流のための二つの組織が60年以上存続している。相互扶助を目的とした協会ドク・スド(南のドック)"The Cape Verdean Union"は1932年に創設され、エンセナーダ・カーボベルデ・スポーツ・文化クラブはほぼ同時期に創設された。

脚註[編集]

外部リンク[編集]