カンティクム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カンティクム(canticum)はキリスト教聖歌の一種。

概要[編集]

旧約聖書の雅歌に由来し、詩編以外の聖書から採られた韻文詩による聖歌。 和訳では「雅歌」あるいは「頌歌」。 歌い方はディレクトと呼ばれる直行唱で、以下のように聖務日課の幾つかの課で決められたものが歌われる。

「賛課(Laudes)」:"Benedictus Dominus Deus" 「ベネディクトゥス・ドミヌス・デウス(主なる神をたたえよ)」 、通称「ザカリアのカンティクム」
「晩課(Ad Vesperam)」:"Magnificat" 「マニフィカト」、通称「聖母マリアのカンティクム」
「終課(Completorium)」:"Nunc Dimitis" 「ヌンク・ディミティス(今こそ主よ、僕を去らせたまわん)」、通称「シメオンのカンティクム」

関連項目[編集]