カレンジン語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カレンジン語
話される国 ケニアの旗 ケニア
話者数 300万人(ケニア#言語より)
言語系統
言語コード
ISO 639-1 なし
ISO 639-2 なし
ISO 639-3 klnマクロランゲージ
個別コード:
eyo — ケイヨ語
sgc — キプシギス語
enb — マラクウェット語
niq — ナンディ語
oki — オキエク語
pko — ポコト語
spy — サバオット語
tec — テリック語
tuy — トゥゲン語
テンプレートを表示

カレンジン語は、密接に関連した方言群である。話者はケニア西部やアフリカ大地溝帯に居住する。話者数はケニアの人口の約18%を占める。

構成言語(エスノローグより、総話者数1,626,725人)

  • ケイヨ語(Keiyo) eyo - 111,000人(2007年)
  • キプシギ語英語版(Kipsigis) sgc - 471,000人(2007年)
  • マラクウェット語(Markweeta) enb - 161,000人(1997年)
  • ナンディ語(Nandi) niq - ?人
  • オキエク語(Okiek) oki - 42,000人(2006年)
  • ポコット語(Pökoot) pko - 334,400人
  • サバオット語(Sabaot) spy - 279,000人(2001年)
  • テリック語(Terik) tec - 262,000人(2007年)
  • トゥゲン語(Tugen) tuy - 144,000人(1987年)

脚注[編集]

  • Rottland, Franz (1982) Die Südnilotischen Sprachen: Beschreibung, Vergelichung und Rekonstruktion (Kölner Beiträge zur Afrikanistik vol. 7). Berlin: Dietrich Reimer.

外部リンク[編集]