カランコエ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カランコエ
Kalanchoe pinnata .JPG
セイロンベンケイ Kalanchoe pinnata
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 angiosperms
階級なし : 真正双子葉類 eudicots
階級なし : コア真正双子葉類 core eudicots
: ユキノシタ目 Saxifragales
: ベンケイソウ科 Crassulaceae
: カランコエ属 Kalanchoe
学名
Kalanchoe
Adans.
シノニム

Kitchingia
Bryophyllum

カランコエ (Kalanchoe) とは、ベンケイソウ科の1属。リュウキュウベンケイ属とも。

セイロンベンケイ節をセイロンベンケイ属 (Bryophyllum) として分けることもあるが、以下では原則として含める。

分布[編集]

原産地はマダガスカル島南アフリカ東アフリカソコトラ島。他、インドマレー半島中国などに分布。

特徴[編集]

草丈15-80cmの低木で、多肉質の葉を持つ多年草短日植物である。花弁は5枚でやや反り返っていて、星の形に開ける。

一般に園芸店などで扱われるのは、ベニベンケイであることが多い。矮性種、高性種、斑入り種、などバラエティーに富んでおり、花色も、白、黄色、ピンク、オレンジ等豊富である。

開花時期は秋から春だが、カランコエは日の長さが短くなると花芽がつきやすくなるので、夜も人口光が当たる環境ではいつまでたっても花が咲かないことがある。この性質を利用して、光が当たる時間を調節すれば一年中花を楽しめる。

いくつかの種は、葉の鋸歯部分に生長点を持っているのが大きな特徴である。葉が脱落するとここから発芽し新しい個体を形成する、栄養繁殖能力に優れている。コダカラベンケイや不死鳥錦などは葉が親株についているうちから盛んに新芽を出す。他の種でも稀に葉から芽を出すことがある。

主な種[編集]

分類にもよるが、数十種から百数十種が属する。

参考文献[編集]

  • 中村浩「園芸植物名の由来」(東京書籍)