カラバンチェル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
(11)カラバンチェル
—  マドリードの行政区  —
パラシオ・デ・ビスタ・アレグレ
スペインの旗 スペイン
自治州 Flag of the Community of Madrid.svg マドリード州
Escudo de Madrid.png マドリード
行政
 - 区長 Carlos Izquierdo Torres
面積
 - 計 14km2 (5.4mi2)
人口 253,678人
 - 人口密度 16,524人/km² (42,797人/mi²)
Madrid district number 11
Address of council
ウェブサイト Carabanchel

カラバンチェルCarabanchel)は、スペインマドリードの区。

地理[編集]

かつてカラバンチェル・アルトとカラバンチェル・バホという2つの自治体があった。フランス皇后となったエウヘニア・デ・モンティホは2つの自治体内に多くの土地を所有しており、後に教育の場として使うようカトリックの修道会へ寄進した。1948年に2つともマドリードに編入され、1つにまとめられカラバンチェル区となった。その後カラバンチェルは再編され、ラティーナ区が分離した。

南をレガネス、ラティーナ、ウセラアルガンスエラと接している。

7つの地区で構成されている。

  • 11.1 - コミリャス
  • 11.2 - オパニェル
  • 11.3 - サン・イシドロ
  • 11.4 - ビスタ・アレグレ
  • 11.5 - プエルタ・ボニータ
  • 11.6 - ブエナビスタ
  • 11.7 - アブランテス

歴史[編集]

かつてのカラバンチェルは、マドリード向けのヒヨコマメ(スペイン語でgarbanzos)を生産し出荷していた。ヒヨコマメは、カスティーリャ地方の料理である、煮込み料理エル・コシードに欠かせない素材である。また、交通のハブ地であったためキャラバン(caravana)から派生したという説もある。しかし多くの人々は、ヒヨコマメ栽培に適した肥沃な土地であったことから『石の土地』(tierra pedregosa)が語源であるという説を好む。

1944年に開設されたカラバンチェル刑務所は、フランコ独裁時代には政治犯が多く収容されていた。1998年に閉鎖後、2008年に残っていた施設が壊された。公共施設やアパート、病院が建設される予定である。

人口の23%(約5万人)が外国出身の移民である。マドリード市内最大の移民人口を抱える。最も多いのが人口13,000人を超えるエクアドル人、次いでルーマニア人である。

交通[編集]