カタリナ・スカイサーベイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カタリナ・スカイサーベイ (Catalina Sky Survey) はアリゾナ大学月惑星研究所 (LPL) が組織的に行っている全天サーベイであり、LINEARNEATと同様に地球近傍天体 (NEO) の捜索を主目的としている。天文台コードは703。

口径69cm、f1.9のシュミット望遠鏡CCDイメージセンサを用いて、かなり低空まで捜索しているのが特徴。

オーストラリアのサイディング・スプリングサーベイレモン山サーベイと提携して捜索範囲をほぼ全天に拡げたこともあり、2006年に発見された彗星の大部分をこの3サーベイが占めるに至っている。

カタリナ・スカイサーベイで発見された天体は以下のようなものがある。彗星はサーベイの名称が付いているものと、個人名が付いているものが混在している。

番号付き小惑星[編集]

  • (40001-41000) 61個
  • (57001-58000) 2個
  • (76001-77000) 36個
  • (80001-81000) 62個
  • (81001-82000) 13個
  • (84001-85000) 8個
  • (95001-96000) 13個
  • (96001-97000) 28個
  • (97001-98000) 74個
  • (99001-100000) 5個
  • (101001-102000) 24個
  • (102001-103000) 115個
  • (103001-104000) 41個
  • (104001-105000) 20個

(以降は未集計)

番号付き周期彗星[編集]

そのほかの彗星[編集]

  • C/1996 R1 (Hargenrother-Spahr) - ハーゲンローザー・スパール彗星
  • C/1999 F1 (Catalina) - カタリナ彗星
  • C/1999 U4 (Catalina-Skiff) - カタリナ・スキッフ彗星
  • P/1999 V1 (Catalina) - カタリナ周期彗星
  • P/1999 XN120 (Calalina) - カタリナ周期彗星
  • P/2003 WC7 (LINEAR-Catalina) - LINEAR・カタリナ周期彗星
  • A/2003 WY25 (Blanpain) = D/1819 W1 - ブランペイン周期彗星(ほうおう座流星群母天体)
  • C/2004 DZ61 (Catalina-LINEAR) - カタリナ・LINEAR彗星
  • C/2004 K1 (Catalina) - カタリナ彗星
  • P/2004 V5 (LINEAR-Hill) =P/2003 YM158 - LINEAR・ヒル周期彗星
  • C/2005 B1 (Christensen) =C/2004 FS101 - クリステンセン彗星
  • C/2005 J2 (Catalina) - カタリナ彗星
  • P/2005 JQ5 (Catalina) - カタリナ周期彗星
  • P/2005 JD108 (Catalina-NEAT) - カタリナ・NEAT周期彗星
  • C/2005 N4 (Catalina) - カタリナ彗星
  • C/2005 N5 (Catalina) - カタリナ周期彗星
  • P/2005 RV25 (LONEOS-Christensen) - LONEOS・クリステンセン周期彗星
  • C/2005 W2 (Christensen) - クリステンセン周期彗星
  • P/2005 W3 (Kowalski) - コワルスキ周期彗星
  • C/2005 X1 (Beshore) - ビショア彗星
  • P/2005 XA54 (LONEOS-Hill) - LONEOS・ヒル周期彗星
  • C/2006 A2 (Catalina) - カタリナ彗星
  • C/2006 CK10 (Catalina) - カタリナ彗星
  • P/2006 D1 (Hill) - ヒル周期彗星
  • P/2006 S1 (Christensen) - クリステンセン周期彗星
  • P/2006 S4 (Christensen) - クリステンセン周期彗星
  • C/2006 S5 (Hill) - ヒル彗星
  • P/2006 S6 (Hill) - ヒル周期彗星
  • P/2006 U5 (Christensen) - クリステンセン周期彗星
  • C/2006 V1 (Catalina) - カタリナ彗星
  • P/2006 W1 (Gibbs) - ギッブス周期彗星
  • C/2006 W3 (Christensen) - クリステンセン彗星
  • C/2006 YC (Catalina-Christensen) - カタリナ・クリステンセン彗星
  • P/2007 B1 (Christensen) - クリステンセン周期彗星
  • P/2007 C1 (Christensen) - クリステンセン周期彗星
  • P/2007 C2 (Catalina) - カタリナ周期彗星
  • P/2007 K2 (Gibbs) - ギッブス周期彗星
  • C/2007 K4 (Gibbs) - ギッブス彗星
  • C/2007 M2 (Catalina) - カタリナ彗星
  • P/2007 R2 (Gibbs) - ギッブス周期彗星
  • P/2007 T2 (Kowalski) - コワルスキ周期彗星
  • P/2007 T4 (Gibbs) - ギッブス周期彗星
  • C/2007 T5 (Gibbs) - ギッブス彗星
  • P/2007 T6 (Catalina) - カタリナ周期彗星
  • P/2007 V1 (Larson) - ラーソン周期彗星
  • P/2007 VQ11 (Catalina) - カタリナ周期彗星
  • C/2008 E1 (Catalina) - カタリナ周期彗星
  • C/2008 J1 (Boattini) - ボアッティーニ彗星
  • C/2008 J6 (Hill) - ヒル彗星
  • P/2008 L2 (Hill) - ヒル周期彗星
  • C/2008 L3 (Hill) - ヒル彗星
  • P/2008 QP20 (LINEAR-Hill) - LINEAR・ヒル周期彗星
  • P/2008 S1 = 2008 JK (Catalina-McNaught) - カタリナ・マックノート周期彗星
  • P/2008 T4 (Hill) - ヒル周期彗星
  • P/2008 Y1 (Boattini) - ボアッティーニ周期彗星
  • P/2008 Y2 (Gibbs) - ギッブス周期彗星
  • P/2009 B1 (Boattini) - ボアッティーニ周期彗星
  • C/2009 K2 (Catalina) - カタリナ彗星
  • C/2009 K4 (Gibbs) - ギッブス彗星
  • C/2009 O2 (Catalina) - カタリナ彗星
  • P/2009 O3 (Hill) - ヒル周期彗星
  • C/2009 O4 (Hill) - ヒル彗星
  • C/2009 P2 (Boattini) - ボアッティーニ彗星
  • P/2009 Q1 (Hill) - ヒル周期彗星
  • P/2009 Q4 (Boattini) - ボアッティーニ周期彗星
  • C/2009 U3 (Hill) - ヒル彗星
  • C/2009 Y1 (Catalina) - カタリナ彗星
  • P/2009 Y2 (Kowalski) - コワルスキ周期彗星
  • P/2010 A1 (Hill) - ヒル周期彗星
  • P/2010 A3 (Hill) - ヒル周期彗星
  • C/2010 G1 (Boattini) - ボアッティーニ彗星
  • C/2010 G2 (Hill) - ヒル彗星
  • C/2010 L3 (Catalina) - カタリナ彗星
  • P/2010 U2 (Hill) - ヒル周期彗星
  • C/2011 A3 (Gibbs) - ギッブス彗星
  • C/2011 S2 (Kowalski) - コワルスキ周期彗星
  • C/2012 F1 (Gibbs) - ギッブス彗星
  • C/2012 J1 (Catalina) - カタリナ彗星
  • C/2012 T6 (Kowalski) - コワルスキ周期彗星
  • P/2013 AL76 (Catalina) - カタリナ周期彗星
  • C/2013 B2 (Catalina) - カタリナ彗星
  • C/2013 F1 (Boattini) - ボアッティーニ彗星
  • C/2013 G5 (Catalina) - カタリナ彗星
  • C/2013 H2 (Boattini) - ボアッティーニ彗星

関連項目[編集]

  • ロゼッタ (探査機) - カタリナ・スカイサーベイによって、この探査機を誤って2007 VN84という小惑星として「発見」してしまったことがある。