ハーゲンローザー彗星 (168P)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハーゲンローザー彗星
168P/Hergenrother
分類 周期彗星
軌道の種類 短周期彗星
発見
発見日 1998年11月22日
発見者 カール・ハーゲンローザー
軌道要素と性質
元期:TDB 2456149.5[1]
軌道長半径 (a) 3.622566(8) AU[1]
近日点距離 (q) 1.4149692(9) AU[1]
遠日点距離 (Q) 5.83016(1) AU[1]
離心率 (e) 0.6094014(8)[1]
公転周期 (P) 2518.389(9) 日[1]
(6.89 年[1])
平均軌道速度 0.1429485(5) 度/日[1]
軌道傾斜角 (i) 021.93020(6) 度[1]
近日点引数 (ω) 013.9565(3) 度[1]
昇交点黄経 (Ω) 356.46929(6) 度[1]
平均近点角 (M) 352.42741(4) 度[1]
前回近日点通過 JED 2456202.4742(5)[1]
(2012年10月1日[1])
次回近日点通過 JED 2458720.863
(2019年8月25日)
別名称
別名称
168P,
P/2005 N2,
P/1998 W2[1].
■Project ■Template

ハーゲンローザー彗星 (168P/Hergenrother) は、周期彗星の1つである[1]

発見[編集]

ハーゲンローザー彗星は、1998年11月22日カール・ハーゲンローザー (Carl W. Hergenrother) によって発見された。2005年に回帰が確認された事で、168番目の周期彗星として登録された[1]

核の分裂[編集]

ハーゲンローザー彗星は、2012年10月1日近日点を通過したが、その後の観測によって、が分裂し始めている事が発見された[2]。核は少なくとも4個に分裂しているのが、11月2日ジェミニ望遠鏡の観測によって判明した[2]。核が分裂し、塵が大量に放出された事によって、ハーゲンローザー彗星の視等級は、直前の15.2等級から8等級へと、実に約760倍も明るくなった[3][4]。核が分裂するまでの数週間、核からは何度か目立つ塵の放出が観測されていた[2]。そして、分裂した破片は明らかに本体の核と比べて暗く、恐らく核の表面から分裂した破片であると考えられている[2]

天体との接近[編集]

ハーゲンローザー彗星は、近日点距離が2億1168万km(1.415AU)と、火星軌道の内側に入り込む程度の、近日点距離が遠い彗星であり、遠日点距離は木星軌道より外側の8億7216万km(5.830AU)である。このため、軌道が変化しない限りは地球には極端には接近しない。地球に前回最も接近したのは2012年9月25日の6327万km(0.423AU)であり、次回これほど接近するのは2087年9月24日の5086万km(0.340AU)まで待たねばならない[1]

火星には、2026年4月26日にわずか930万km(0.062AU)まで接近する予定である[1]

木星には、1980年11月14日に2816万km(0.188AU)まで接近しており、次回この程度まで接近するのは2123年1月5日の2337万km(0.156AU)である[1]。重力の強い木星に頻繁に接近するため、ハーゲンローザー彗星の軌道は長期的には安定しないと考えられる。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t 168P/Hergenrother JPL Small-Body Database Browser
  2. ^ a b c d ハーゲンローザー彗星、分裂を始める AstroArtz
  3. ^ ハーゲンローザー彗星 168P/Hergenrother (2012) 吉田誠一のホームページ
  4. ^ (\sqrt[5]{100})^{15.2-8}\approx 758.6


前の彗星:
CINEOS彗星
周期彗星
ハーゲンローザー彗星 (168P)
次の彗星:
NEAT彗星 (169P)