カスタリア (小惑星4769番)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カスタリア
4769 Castalia
仮符号・別名 1989 PB
分類 地球近傍小惑星
軌道の種類 アポロ群
火星横断
金星横断
発見
発見日 1989年8月9日
発見者 E. F. ヘリン
軌道要素と性質
元期:2007年10月27日 (JD 2,454,400.5)
軌道長半径 (a) 1.063 AU
近日点距離 (q) 0.549 AU
遠日点距離 (Q) 1.577 AU
離心率 (e) 0.483
公転周期 (P) 1.10 年
軌道傾斜角 (i) 8.89
近日点引数 (ω) 121.31 度
昇交点黄経 (Ω) 325.66 度
平均近点角 (M) 150.19 度
物理的性質
長短径 1.8 × 0.8 km
直径 1.4 km
質量 5.0 ×1011 kg
平均密度 2.1 g/cm³
自転周期 4.095 時間
スペクトル分類 S
絶対等級 (H) 16.9
■Project ■Template

カスタリア (4769 Castalia) は、アポロ群小惑星。エレノア・ヘリンがパロマー天文台で発見した。ギリシア神話に登場する泉のニュンペーカスタリアから名付けられた。なお、日本語で表記すると「カスタリア」になる小惑星がもう一つ存在し、語源も同じだが綴りが異なる (646 Kastalia)。

発見直後の1989年8月、カスタリアは地球に0.027AU(地球からまでの距離の約11倍)まで接近した。この時、8月19日から8月22日にかけて、ワシントン州立大学スコット・ハドソンジェット推進研究所スティーヴン・オストロによってアレシボ天文台でレーダー観測が行われ、三次元形状のモデルが作成されている。それによるとカスタリアはピーナッツのような細長い形であり、直径 800 m ほどの2つのかけらが互いの重力によって緩く結びついた接触二重小惑星だと考えられる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]