オープンコーラ (企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Opencola
企業形態 非公開会社
業種 ソフトウェア
後継 オープンテキスト
設立 1999
解散 2003
本部 カナダ トロント
代表者等 Grad Conn,
Cory Doctorow,
John Henson
製品 ソフトウェア
スローガン Peer Your Knowledge
ウェブサイト opencola.com (archive)

オープンコーラ(Opencola)は、かつて存在したカナダのソフトウェア開発企業。1999年にトロントで設立されたが[1]2003年オープンテキスト社に買収された。

1999年、グラッド・コン、コリイ・ドクトロウ、ジョン・ヘンソン[2]によって、「コラボレーション・オブジェクト・ルックアップ・アーキテクチャ(collaboration object lookup architecture)」ソフトウェアを開発する企業として設立された。ソフトウェア及び仕様はすべてオープンソースとして提供されていた。最も初期のアーカイブされた企業サイトのページでは「OpenCOLA」をアプリケーション、プロトコル、ツール群及び企業自身としていた。[3]

オープンコーラデスクトップクライアント/サーバー(もしくはオープンコーラの造語で「clerver」)アプリケーションはインターネット、オープンコーラーネットワーク上のピア、及び既存のプロプライエタリなデータベースを含めた複数のデータソースから単一のインターフェースで情報の共同検索、取得、管理及び共有を可能にする。コンテキスト検索機能を有するオープンコーラ拡張検索エンジンは、関連文書の全体の主題を検索し、以前の検索と関連性の高い結果と補完するプロセスで実行される。検索は指定されたものに応じて必要であればネットワーク上に伝播される。

オープンコーラはさらなるソフトウェア開発に投資し、Justin Chapweske's Swarmcastを2001年5月18日にGPLで公開した[4]。このソフトウェアはストリーミングに重点を置き[5]、ソースサーバーの読み込み負荷を軽減させるために、大容量の(頻繁にアクセスされる)コンテンツの配布を加速させる、BitTorrentに似たピア・ツー・ピアスウォーミング技術を用いている。オープンコーラのフォルダプロジェクトは組織内のコンテンツ配布の加速にSwarmcastテクノロジーが用いられている[6]

2003年夏に、オープンコーラはオンタリオ州ウォータールーオープンテキストに買収された。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Company Profile”. OpenCola.com (2001年). 2001年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月28日閲覧。
  2. ^ Management”. OpenCola.com (2001年). 2001年2月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年12月28日閲覧。
  3. ^ OpenCOLA.com”. 2000年8月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年3月18日閲覧。
  4. ^ Koman, Richard (2001年5月24日). “The Swarmcast Solution”. 'OpenP2P.com'. O'Reilly Media. 2008年12月28日閲覧。
  5. ^ Ingram, Mathew (2006年12月1日). “Torontos OpenCola Lives On In Swarmcast”. Internet Financial News. iEntry Network. 2010年3月18日閲覧。
  6. ^ Oram, Andy (2001年5月24日). “OpenCola: Swarming Folders”. 'OpenP2P.com'. O'Reilly Media. 2010年3月18日閲覧。