オープンテキスト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オープンテキスト
Open Text Corporation
種類 株式会社
市場情報 NASDAQ: OTEX
本社所在地 カナダWaterloo
設立 1991年
売上高 16億USドル2014年度)
従業員数 約8,000名
外部リンク www.opentext.com/
テンプレートを表示

オープンテキスト: Open Text CorporationNASDAQ: OTEX; TSXOTC)は、1991年に設立以来検索エンジンやコラボレーションソフトウェアを提供し、非構造化データを包括的に管理・活用するソリューション群を提供。世界140ヶ国にオフィスを展開しており、約8万社の顧客を抱え、取引先は55万社にも及んでいる。

日本法人は、OpenText ECM(旧製品名:Livelink)やBPM、SAP連携ソリューションなどを提供するオープンテキスト株式会社をはじめ、IX(インフォメーション・エクスチェンジ)事業としてFAXソリューションを手掛けるエクスパダイト株式会社やEDIなどを通じて企業間データ連携を支援するB2Bインテグレーションサービスを提供するGXS株式会社の3社があり、各事業で相乗効果を発揮しながらEIM(エンタープライズ情報管理)分野でのビジネスを展開している。

歴史[編集]

カナダウォータールー大学のOxford English Dictionaryの電子化プロジェクトに深く関わり、高速検索エンジン開発をきっかけとして1991年に創業。共同創業者にはTim Bray、Gaston Gonnet、Frank Tompaが名を連ねる。

  • 1995年、SGMLデータベースソフトを提供していたInfoDesign社を買収し、同社のドキュメント管理機能を包括。また、ワークフローやドキュメント管理製品を持つシカゴのOdesta社を買収し、ドキュメント管理に必要となるワークフローやコラボレーション機能などを同時に集約。Webベースのドキュメント管理ソフトウェアベンダーとしての基盤を作る。1996年1月にNASDAQに株式を公開。
  • 2003年、Open Textは独IXOS Softwareを買収。IXOS Softwareは独SAPなど業務アプリケーションのアーカイブを得意としてきたことから、Open Textと統合することで、デジタル文書の作成から廃棄に至るコンテンツのライフサイクル管理を統合的に実現できるECMソフトウェアとして機能補完された。
  • 2006年、Open TextはEIPなどポータル製品に強みを持つカナダのECMベンダー、Hummingbirdを買収。
  • 2008年、FAXソリューションベンダーのCapitarisを買収。
  • 2009年、WCM(Webコンテンツ管理)ベンダーのVignette、3Dナビゲーションに定評のあるデジタルメディアインターフェースを提供するVizible Corporation、ECMソフトウェアベンダーのVignette Corporationを買収。
  • 2010年、コンテンツ分析や意味論ベースのサーチエンジンを持つNstein Technologies、ビジネススコミュニケーションソリューションのプロバイダーであるStreamServe, Inc.を買収。
  • 2011年、ビジネスプロセス管理 (BPM)、ビジネスプロセス分析 (BPA)、企業アーキテクチャ (EA) の各ソフトウェアのリーディング・プロバイダーであるMetastorm Inc.を買収し、Global 360 Holding Corporationの買収でECMポートフォリオ機能を拡張。また、モバイルアプリケーション戦略を拡充すべくweCommを買収。さらに、学習管理システム (LMS) を持つOperitel Corporationを買収することでeラーニング機能を追加。
  • 2012年、1月にMark BarrenecheaがOpen Text Corporationの社長およびCEOに就任。この年にインドに進出し、ハイダラバードでの研究開発センターを2倍に拡大。新たなオフィスをムンバイに構える。また、創業20周年を機に、カナダ・オンタリオ州ウォータールーの本社を拡張し、イノベーションセンターを開設。
  • 2013年、非構造化データを可視化させるソフトウェアのリーディングベンダーであったResonate Knowledge Technologiesを買収。企業コンテンツ管理 (ECM) とxECM for SAPで新しいユーザーエクスペリエンスを作り出すと共に、コンテンツサーバー内の非構造化さデータを最大化する業界アプリケーションを開発。OpenText ECM Suiteを構成する主要なコンポーネントとなる。
  • 2014年、B2Bインテグレーションのグローバルリーダー、GXSを買収。また、オーストラリア初のデータセンターを開設し、国内OpenTextクラウドサービス(ホスティング)を展開。ブラジルでの新規株式公開および新たな拠点を確立し、南米での事業を拡大。

現在では、ECMやBPMを含む5つのEIM (Enterprise Information Management) のコンセプトをもとにビジネスを展開している。

製品[編集]

エンタープライズコンテンツ管理 (ECM)[編集]

世界114ヵ国の様々な大企業や官公庁において、およそ1億人のユーザーに利用されているOpen Text ECM(旧製品名:Livelink ECM)を中心としたエンタープライズコンテンツ管理製品群。特に、SAPアプリケーションやMicrosoft、Oracleなど多くの企業で活用されている業務システムを、非構造データを含めたあらゆる文書と紐づけて統合管理できる環境を提供。個別に管理されていたデータ及びコンテンツを一元管理することで、業務効率化を図ることができる。主な機能として、文書・コンテンツ管理をはじめ、アーカイブ、レコードマネジメント、電子メール管理、コンテンツ向けアプリケーション、キャプチャなどを備える。その他エコシステムとして、OpenText SAP SolutionsやOpenText Microsoft Solutionsなども提供。

OpenText Content Suite
キャプチャから破棄に至るまで組織全体の情報フローが管理可能な、EIMの基盤的なスイート製品。信頼性と一貫性のあるガバナンスポリシーを企業内のあらゆるタイプのコンテンツに適用することが可能。
OpenText TempoBox
監査証跡や権限管理などエンタープライズレベルのセキュアな基盤で提供されるファイル共有サービス。あらゆるデバイス間で情報の同期、共有、保存が簡単に行える。

ビジネスプロセス管理 (BPM)[編集]

組織における業務効率の向上や複雑なプロセスの最適化を図ることで継続的なプロセス改善を実現し、広範囲なビジネスオペレーションをサポートするBPM製品群。ビジネス戦略からグローバルレベルでの実行までをリンクさせることで、柔軟な変換プラットフォームを実現。主な機能として、ビジネスプロセス管理をはじめ、大容量イメージング、ダイナミック・ケースマネジメント、プロセス向けアプリケーション、戦略ビジネスプランニング&モデリングなどを備える。

OpenText Process Suite
標準的なWebサービスをベースとしESBによるSOAフレームワークで、マスターデータ管理やビジネスルール管理を実現。ERPやCRMなど各種システムとのコネクタを装備しており、プロセス構築を迅速に行うとこが可能。

カスタマエクスペリエンス管理 (CEM)[編集]

Webサイトをはじめ、モバイルデバイスやソーシャルネットワークなど複数のチャネルにまたがって、インタラクティブなウェブエクスペリエンスの構築を支援する製品群。様々なメディア資産の作成および配布における一貫性と担保しながら円滑な制御を実現、既存のビジネスプロセスを扱いやすいソーシャルな形態へ展開することができる。主な機能として、Webコンテンツ管理をはじめ、顧客コミュニケーション管理、ポータル/ファイル共有&コラボレーション、デジタル資産管理などを備える。

OpenText Media Managemet
画像や動画コンテンツなどリッチメディアの作成、管理を実現。ワークフロー機能によってコンテンツ制作から承認などのプロセスを管理、Webサイトやソーシャルメディアなど様々な媒体やチャネルに容易に展開。
OpenText StreamServe
業務システムなどの情報を活用しながら、各種ドキュメントや帳票の作成から配信までを一括管理。配布先に応じて内容をパーソナライズ化することで、質の高い確実な情報提供を支援。

インフォメーションエクスチェンジ (IX)[編集]

社内外における効率的で、安全かつコンプライアンスを満たす情報のやり取りを支援する機能群。主な機能として、FAXソリューションをはじめ、セキュアメッセージング、コネクティビティ、B2Bインテグレーションサービス、キャプチャ&認識などを備える。

Secure Mail
Outlookなどの電子メールと直接統合するクラウドベースのセキュアメッセージングソリューション。電子メールの暗号化や追跡、保護、および制御を強化することが可能。
Secure MFT
社内外で大容量ファイルのセキュアな交換を管理するためのエンタープライズファイル転送ソリューション。OpenText STORM転送プロトコルによって大容量ファイルの高速転送を可能に。
Fax2Mail
FAXの送受信をPCで行うことが可能なインターネットFAXサービス。FAX機の混雑を解消し、セキュアな環境で機密文書の送受信が可能になる。ペーパーレス化の促進にも寄与。
B2B Integration
国際EDIをはじめとした複雑な企業間商取引 (B2B) システム環境の統合を支援する、包括的なB2Bアウトソーシングサービス。B2Bプロセスの最適化をグローバルネットワークの中で構築することが可能。

ディスカバリ (Discovery)[編集]

企業内に散在するあらゆる情報を整理、可視化することで、ビジネスにおける課題への回答を素早く発見、決定の迅速化を促し、ビジネスインパクトの最適化を実現するための製品群。主な機能として、検索をはじめ、セマンテックナビゲーション(意味検索)、dディスカバリ、自動分類、コンテンツ分析などを備える。

外部リンク[編集]