オーギュスタン・サンティレール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Augustin de Saint-Hilaire.

オーギュスタン・サンティレール(Augustin François César Prouvençal de Saint-Hilaire、1799年10月4日 - 1853年9月30日)は、フランス植物学者である。ブラジルなど南米の植物の研究で知られる。

生涯[編集]

オルレアンで砲兵将校の息子として生まれた。1816年から1822年の間、ブラジル南部、中部など南米を訪れた。 24,000種の植物、2,000種の鳥類、16,000種の昆虫、135種の哺乳動物などの標本を集めた。 それをもとに、何冊かの著述を行い、3巻の著書、『ブラジル南部の植物』("Flora Brasiliae meridionalis" :1825年 -1832年、アドリアン=アンリ・ド・ジュシュー(Adrien de Jussieu) 、ジャック・カンベセーデ(Jacques Cambessèdes)と共著)が最も有名である。

1819年に科学アカデミーの会員に選ばれ、レジオンドヌール勲章(シュヴァリエ)を受勲した。

著書[編集]

  • Province de S. Pedro de Rio Grande do Sul, au Brésil (1 volume, Paris, Pihan de la Forest, 1823) ([1]).
  • Histoire des plantes les plus remarquables du Brésil et du Paraguay (1 volume, 30 planches, 1824) ([2]).
  • Flora Brasiliae meridionalis (3 tomes, comprenant 592 planches colorées, 1825-1832)アドリアン=アンリ・ド・ジュシュー、ジャック・カンベセーデと共著(gallicaarchive.org).
  • Plantes usuelles des Brésiliens (1 volume, 70 planches, 1827-1828), signé également avec Jussieu et Cambessèdes ([3]).
  • Voyage dans les provinces de Rio de Janeiro et de Minas Geraes (2 tomes, Paris, Grimbert et Dorez, 1830) (T. I, T. II).
  • Voyage dans le district des diamants et sur littoral du Brésil (2 tomes, 1833) (T. IT. II).
  • Leçons de botanique comprenant principalement la morphologie végétale (1840), qui traitent de la morphologie végétale et de son application à la systématique botanique ([4]).

参考文献[編集]

  • Chisholm, Hugh, ed. (1911). Encyclopædia Britannica (11th ed.). Cambridge University Press