オルノーコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Oroonokoの新発行版, 1688年

オルノーコ』(Oroonoko)は、1688年に発表されたアフラ・ベーン小説である。

概要[編集]

オルノーコは比較的短い小説で、もともとの題名は『オルノーコ、王家の血をひく奴隷』(Oroonoko: or, the Royal Slave)である。主人公のオルノーコはアフリカのとある地域の王の孫で、将軍の娘であるイモインダに恋し、結婚の誓いを交わす。

 しかし、祖父である王はイモインダの美貌に目がくらみ、孫の婚約者に横恋慕してしまう。王はイモインダに特別なヴェールを送り、妻の一人になるように命令する。イモインダが無理矢理王のハレム(オタン)に入れられた後、味方のオナルとアボアンの援助でイモインダとオルノーコは逢うことに成功する。しかしその事実が明らかになり、激怒した王はイモインダを奴隷として売ってしまう。オルノーコも戦いで罠にはまり、強欲なイギリスの奴隷船の船長に捕まってしまう。イモインダもオルノーコもサトウキビプランテーションを多数抱える南アメリカのイギリス植民地スリナムへ連れてこられる。スリナムで二人は再び結ばれ、キリスト教に改宗し、オルノーコはローマの英雄にちなんでシーザーと呼ばれるようになる。

 やがてオルノーコは奴隷の領袖として反乱を起こしたが、植民地の軍は反乱を弾圧し、奴隷たちはバイアムに特赦を約束してもらった末に降伏する。しかしその後オルノーコは鞭打ちの辱めを受ける。自らの尊厳を守るため、オルノーコはバイアムを殺そうと決心するが、自分の死後にイモインダが強姦されるのではないかと怖れ、二人で相談して先にオルノーコがイモインダを殺すことにする。オルノーコは悲しみのうちに愛する妻を殺し、イモインダは夫の手により嬉々として死んでいく。愛する妻の死体の傍で嘆いていたオルノーコは植民地政府に捕らわれる。オルノーコはすさまじい虐待の上に殺されるが、刑の執行中も冷静にパイプでたばこを吸い、声を出さずに痛みを辛抱しながら死んでいった。

 オルノーコの死後、植民地はオランダ帝国に侵略され、奴隷たちは容赦なく殺されていった。

翻訳[編集]