オルカーニャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オルカーニャ作 オルサンミケーレ教会のタベルナクル(1359年)中の絵はベルナルド・ダッディ

オルカーニャOrcagna)ことアンドレア・ディ・チョーネ・ディ・アルカンジェロAndrea di Cione di Arcangelo, 1308年頃 - 1368年)は、イタリアフィレンツェ画家彫刻家建築家アンドレア・ピサーノジョット・ディ・ボンドーネの弟子。弟のヤコポ・ディ・チョーネ(en:Jacopo di Cione)、ナルド・ディ・チョーネ(en:Nardo di Cione)も美術家である。

作品には、サンタ・マリア・ノヴェッラ教会ストロッツィ礼拝堂にある『聖母と聖者たちと救世主イエス・キリスト』の祭壇画(1354年 - 1357年 )と、「イタリア・ゴシックのこの種の作品の中では最も完璧な作品」と言われる[1]オルサンミケーレ教会のタベルナクル(天蓋付き壁龕)(1359年完成)がある。

オルカーニャのフレスコ画『死の勝利』は、フランツ・リストの協奏曲の中でも最高傑作と評価の高い『死の舞踏』にインスピレーションを与えたと言われている。オルカーニャの弟子の中には、14世紀のピサの画家、ネッロ・ディ・ヴァンニがいて、彼もカンポサントで仕事をした。ネッロ・ディ・ヴァンニは、ベルナルド・ネッロまたはジョヴァンニ・ファルコーネと同一人物であると推測されている[2]

参考文献[編集]

  1. ^ Orcagnaカトリック百科事典
  2. ^ Bryan, Michael (1889). Walter Armstrong & Robert Edmund Graves. ed. Dictionary of Painters and Engravers, Biographical and Critical (Volume II L-Z). York St. #4, Covent Garden, London; Original from Fogg Library, Digitized May 18, 2007: George Bell and Sons. pp. page 586. http://books.google.com/books?id=K2cCAAAAYAAJ&pg=PA1&dq=Michael+Bryan+Painters+Engravers#PPP7,M1.