オリオン座分子雲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オリオン座分子雲の主要な構成要素であるバーナードループ。またM42など他の構成要素も写っている。

オリオン座分子雲[1](オリオンざぶんしうん、: Orion Molecular Cloud Complex または Orion Complex)は、散光星雲暗黒星雲オリオン座に位置する若い星などから構成される大規模なグループを指す。オリオン座分子雲は、1,500~1,600光年の距離にあり、大きさは数百光年に渡っている。双眼鏡や小型の天体望遠鏡で観察できる部分や、肉眼で見えている部分(オリオン大星雲など)もある。

オリオン座分子雲は、オリオンのベルトから剣にかけて数度広がっている。夜空で見ることができる星形成の最も活発な領域の1つで、ここでは原始惑星系円盤や非常に若い恒星が形成されている。オリオン座分子雲は、 星形成の熱のため赤外線の波長でも非常に明るい。一方、暗黒星雲、 輝線星雲反射星雲HII領域を含んでいる。

主な星雲[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]