オニハタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オニハタ
Centrogenys vaigiensis.jpg
オニハタ C. vaigiensis
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 条鰭綱 Actinopterygii
: スズキ目 Perciformes
: オニハタ科 Centrogenyidae
Fowler, 1907
: オニハタ属 Centrogenys
J. Richardson, 1842
: オニハタ C. vaigiensis
学名
Centrogenys vaigiensis
(Quoy & Gaimard, 1824)
シノニム

Scorpaena vaigiensis
Quoy & Gaimard, 1824[1]

英名
False scorpionfish

オニハタ (Centrogenys vaigiensis) はスズキ目に属する魚類の一種。オニハタ属オニハタ科単型[2]。体色は薄茶から灰色で、最大25 cm。フサカサゴ科魚類に擬態している。インド太平洋に分布する。

形態[編集]

最大で25cmになるが、通常は9.3cm程度である[2]鰓蓋には2本の棘があり、下側の棘が大きい[3]側線鱗数は36-44[3]

背鰭は13-14棘条、9-11分岐軟条[3]。臀鰭の基底は短く、3棘5軟条で第2棘条が最も長い。胸鰭は12-14鰭条、腹鰭は1棘3軟条[3]。腹鰭の内側の軟条からは、体と繋がる膜が伸びる[3]

体色は薄茶から灰色で、斑点が散らばる。鰭もほぼ同じ色だが、少し薄くて半透明である[3]。腹面は背面より色が薄い。小魚や甲殻類を食べる[3]

擬態[編集]

当初はフサカサゴ属 Scorpaena として記載されたことからも窺えるように、フサカサゴ科魚類に擬態している[4]。フサカサゴ科魚類は毒を持つため、これはベイツ型擬態の一例といえる。

分布[編集]

汽水域から海域に生息する底生魚である[2]インド太平洋ニコバル諸島からニューギニア、南はオーストラリア北部、北は琉球諸島まで分布する[2]。海藻に覆われた岩場に生息し[5]、沿岸の浅い海域を好む[2]

人との関連[編集]

商業漁業の対象とはならないが、アクアリウムで飼育されることがある[2][3]

脚注[編集]

  1. ^ Centrogenys vaigiensis”. ITIS. 2010年2月17日閲覧。
  2. ^ a b c d e f Froese, Rainer, and Daniel Pauly, eds. (2010). "Centrogenys vaigiensis" in FishBase. January 2010 version.
  3. ^ a b c d e f g h “The Living Marine Resource of the Western Central Pacific”. FAO Species Identification Guide for Fishery Purposes (Rome: Food and Agriculture Organization of the United Nations) 4 (Bony fishes part 2). (1999). ISSN 1020-6868. ftp://ftp.fao.org/docrep/fao/009/x2400e/x2400e43.pdf 2010年3月17日閲覧。. 
  4. ^ Randall, John E. (2005). “A Review of Mimicry in Marine Fishes”. Zoological Studies 44 (3): 302–304. http://www.sinica.edu.tw/zool/zoolstud/44.3/299.pdf 2010年3月18日閲覧。. 
  5. ^ Tomascik, Tomas (1997). The ecology of the Indonesian seas, Part 2. Tuttle Publishing. pp. 659. ISBN 978-962-593-163-0.