オットマー・マーゲンターラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オットマー・マーゲンターラー

オットマー・マーゲンターラーOttmar Mergenthaler、メルゲンターラーとも。1854年5月10日 - 1899年10月28日)はドイツ発明家。

彼はドイツ・バーデン=ヴュルテンベルク州バート・メルゲントハイムで、教師の3番目の子供として生まれ、1872年アメリカ合衆国ボルチモアに移転するまで時計職人の見習いをした。彼はライノタイプ1886年に発明した。このライノタイプは、印刷工たちが自動的に活字を組むすることを可能にした機械で、印刷産業における革命となった。彼は1899年にボルチモアで、結核によりこの世を去った。

関連項目[編集]