オクトパミン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
オクトパミン
Octopamin.svg
IUPAC命名法による物質名
(RS)-4-(2-amino-1-hydroxy-ethyl)phenol
臨床データ
法的規制
  • Prescription only
投与方法 Oral
薬物動態的データ
半減期 15 Minutes in insects. Theorized to be longer in vertebrates.
識別
CAS番号 104-14-3 チェック
ATCコード C01CA18
PubChem CID 4581
IUPHAR ligand 2149
ChemSpider 4420 チェック
UNII 14O50WS8JD チェック
ChEBI CHEBI:17134 ×
ChEMBL CHEMBL53929 チェック
別名 Norsympathol, Norsynephrine, para-Octopamine, beta-Hydroxytyramine, para-hydroxy-phenyl-ethanolamine
化学的データ
化学式 C8H11NO2 
分子量 153.178 g/mol

オクトパミン(β,4-dihydroxyphenethylamine)とは、アドレナリンと密接に関連した内因性の生体アミンであり、アドレナリン作動性システムとドーパミン作動性システムに影響を与える。これはまた、ビターオレンジを含む多くの植物で見つかっている。 [1][2]

関連[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Tang, F; Tao, L; Luo, X; Ding, L; Guo, M; Nie, L; Yao, S (2006). “Determination of octopamine, synephrine and tyramine in Citrus herbs by ionic liquid improved 'green' chromatography”. Journal of chromatography. A 1125 (2): 182–8. doi:10.1016/j.chroma.2006.05.049. PMID 16781718. 
  2. ^ Jagiełło-Wójtowicz E (1979). “Mechanism of central action of octopamine”. Pol J Pharmacol Pharm 31 (5): 509–16. PMID 121158. 

発展資料[編集]

  • P.D. Evans, "Octopamine", in Comprehensive Insect Physiology, 11, 499, Oxford University Press 1985.